ルテインサプメントで体の中から目を健康にしましょう!

ルテインサプリメントには、目の健康維持に必要な成分が配合されていて、眼病予防や眼精疲労の解消に効果をもたらしてくれます。近くの物が見えにくくなる老眼は、40代以降に症状が出るものと考えられていましたが、スマホの普及により20代でも老眼になるケースが増えてきました。

 

近くの物を見続けていると、水晶体の柔軟性が失われてピントが合わせにくくなります。

 

ルテインサプメント

 

食生活や生活習慣の改善で目をいたわることはできますが、細胞内にあるルテインなどの成分を補給することで、さまざまなダメージから目を保護する役割を果たしてくれます。

 

ルテインは美肌成分としても知られていて、子宮や大腸、乳房にも存在しているので、女性にとって嬉しい効果が期待できます。

 

管理人が実際に飲用したルテインサプリメントで、かなりおすすめできる商品は以下の2つです。

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
MEDICA+(メディカプラス)ブルーベリー&ルテインの特徴

ルテインサプリメント


MEDICA+(メディカプラス)ブルーベリー&ルテインは、今話題のユーグレナを開発している株式会社ユーグレナが販売している疲れ目に特化したサプリメントです。

マリーゴールド色素から抽出したルテイン18rとアントシアニン含有ビルベリーエキス130r、ユーグレナグラシリスを配合しています。

体内の不要物質を排出してくれるパラミロンを保有したユーグレナも一緒に摂りたいという方におすすめです。

価格 通常3,132円
評価 評価4.5
備考 特別価格980円
 

ルテインの効能とは?

ルテインサプリメント

ルテインサプリメントは目に良いことで有名ですが、どのような成分なのでしょうか。

 

有効成分のルテインは天然色素のカロテノイドになり、黄色やオレンジ色をしています。

 

活性酸素を取り除く力に優れていて、酸化による細胞の劣化を防いでくれます。

 

ルテインは植物や野菜だけではなく人間の体にも存在している成分で、目の中にある水晶体や網膜の中心にある黄斑にあり、物を見るための機能を正常に保っています。

 

ルテインが不足してしまうと、水晶体や黄斑の機能が衰えてくるため物が見えにくくなり、白内障や加齢黄斑変性症といった眼病を招いてしまいます。

 

植物を紫外線から保護する役割を担っているルテインは、紫外線やブルーライトなどの細胞を劣化させる原因になる有害な光を吸収して、細胞のダメージを軽減します。

ルテインサプリメント

パソコンやスマホなどが浸透したため、有害な光による目のダメージはより多くなり、色々な対策が必要になりました。

 

ルテインサプリメントを摂取することも効果的な方法で、サングラスやPC用メガネ、光をカットするフィルムだけでは保護しきれないところをカバーしてくれます。

 

ルテインは肌にも含まれている成分なので、紫外線による光老化を抑える働きを活用したエイジングケアが注目されています。

 

ただ残念なことに、ルテインは体内に存在している成分にもかかわらず、他の栄養成分を使って生成することができません。

 

しかも加齢によって減ってしまうため、外部から直接ルテインを摂取する必要があります。

 

ルテインサプリメント

どのような食品にルテインが含まれているのかというと、青汁の原材料で知られているケールやほうれん草、グリーンピースなどがあります。

熱に強く油になじむ性質があるので、色々な調理法で食べられます。

 

ルテインの1日の摂取量は6〜10mgが目安とされていて、目の疾患を発症している時は20〜40mgの摂取が望ましいと言われています。
過剰摂取の心配も少なく、厚生労働省の研究では1日35mgのルテインを7日間摂取しても、トラブルは発生しなかったと報告されています。

 

食品から摂取できるルテインは、最も含有量の多いケールが100g中21.90mg、ほうれん草が10.20mgとなっています。

 

たまに飲んだり食べたりするだけなら十分な量ですが、毎日100gのケールやほうれん草を食べるとなると、1ヶ月分だけでもかなりの量の食材が必要になり食費も増えてしまいます。

 

ルテインサプリメントなら安定した量が摂取でき、1ヶ月にかかるルテイン摂取のための費用も抑えられます。

ルテインサプリメントを選ぶ際何に着目するべき?

高品質なルテインを使用

ルテインサプリメント

ルテインサプリメントで使用されているルテインは、マリーゴールドから抽出されている天然ルテインが大半を占めています。

 

しかし中には、ルテインと同じカロテノイドのβカロテンと石油系成分から作った、合成ルテインが使用されているサプリメントもあります。

 

安価で手に入り経済的な合成ルテインサプリメントですが、体質によっては目のかゆみや咳などの副作用が起きる可能性が指摘されています。

 

天然ルテインは合成と比べると価格が高めですが、安心感があります。

 

さらにルテインには、フリー体とエステル体があります。

 

フリー体は体内に存在しているのと同じタイプの成分で、エステル体はフリー体に脂肪酸が付いた状態の成分です。

 

植物から抽出されたルテインはエステル体になり、血中にとどまる時間は長いのですが吸収しにくくなっています。

 

ルテインサプリメントの選び方では、エステル体から脂肪酸を離して吸収率を高めたフリー体ルテインが最適です。

 

相乗効果を高める成分をチェック

ルテインサプリメントを眼病予防対策で使用するなら、ゼアキサンチンが配合されているものを選びましょう。

 

ゼアキサンチンは黄斑部に存在している成分で、ルテイン同様に加齢で減少してしまいます。

 

ルテインだけでなくゼアキサンチンを一緒に吸収することで、網膜の成分バランスが整って健康的な状態を保ってくれます。

 

そして、ビルベリーも効果を高めてくれる成分の一つです。

 

抗酸化作用を持つアントシアニンを含むビルベリーは、目から入った光の情報を伝えるロドプシンの機能を活性化する作用があります。

 

ロドプシンの働きが鈍くなると情報を伝える速度が遅くなるため、物が見えにくくなって目が疲れやすくなります。

 

ゼアキサンチンとビルベリーが同時に摂取できるルテインサプリメントなら、目の機能を多方面からサポートしてくれるので、眼病予防や眼精疲労の解消に効果的です。

 

肌に対する効果を高めたい時は、ビタミンEやアスタキサンチン配合のものを選びましょう。

 

含有量と価格のバランスが取れている

ルテインサプリメント選びでは、1日分でどのくらいのルテインが摂取できるかがポイントになります。

 

1日分の含有量は10〜15mgのものが多く、眼病対策に最適な40mgの成分が摂取できるルテインサプリメントもあります。

 

薬と違って長い期間続けて飲むことが求められるサプリメントは、利用しやすい価格になっていることも重要で、粒の大きさやカプセルの種類、1日何粒飲むのかといった点も確認したい項目です。

 

通販で購入できるルテインサプリメントは、まとめ買いや定期購入で価格が安くなることもあり、体質に合わなかった時のことをふまえて返金保証がついているところもあります。

 

ルテインサプリメントの価格帯は幅広く、1,000円位で購入できるものもあれば、7,000円位のものもあります。

 

含有量とルテイン以外に配合されている成分、価格や購入方法などをチェックして、長く続けられるサプリメントを選びましょう。