ケールに多く含まれているため青汁を飲むと効率的に摂取できる

ルテインサプリメントランキング

目を守る働きがあるルテインは体内にもあるものですが、植物が生成している天然の色素成分で、食事からもとることができます。

 

ルテインが多く含まれる食べ物で代表的なものは緑黄色野菜で、特に色の濃いものほど多く含まれています。

 

ルテインは黄色の天然色素で、黄色やオレンジ色を考えますが緑黄色野菜には他の成分も含まれているためルテインの含有量の多さは色では判断することは難しいです。

 

特に多く含まれている食べ物は野菜のケールで、次に多いのはちりめんキャベツと言われる濃い緑色の縮れたキャベツです。

 

続いて多いのはパセリやホウレン草です。

 

ブロッコリーや芽キャベツ、かぼちゃ、人参、グリンピース、トウモロコシなどにも比較的多く含まれています。

 

野菜以外では卵黄や色の濃い果物にも含まれます。

 

ルテインは油に溶ける性質があり、油と一緒にとると吸収率があがります。

 

緑黄色野菜を炒める、揚げる、オイルの入ったドレッシングなどで和える料理でとることが良い方法です。

 

葉物の野菜は加熱するとかさが減り多く食べることができます。

 

ルテインが最も多く含まれているケールは一般的には通常の食べ物として食べることは少ないですが青汁にすることで手軽のとることができます。

 

1日に必要な摂取量は6?10mgです。

 

緑黄色野菜を油で炒めるなどで食べるだけではこの摂取量は大変なことです。

 

ケールを青汁で飲むと1杯で10mgをとることができるため、積極的にケールの青汁は飲むことが良い方法です。

 

ルテインが不足すると白内障や加齢黄斑変性症などになるリスクが高まる可能性があります。毎日食事から摂取したい成分です。青汁でとったり、油と一緒にとると吸収率も高まるため摂りやすい成分でもあります。