ルテインの抗酸化作用で飛蚊症悪化を防ぐ

ルテインサプリメントランキング

視界の中に、ちらちらと浮遊物が見える飛蚊症は、様々な原因で起こります。

 

この中でも、網膜裂孔やブドウ膜炎、硝子体の出血などが原因のものは、病院で外科的な治療を受ける必要があります。

 

とはいえ、飛蚊症には治療がいらないものも多いです。

 

治療がいらない場合ほとんどは、加齢によるものといわれています。

 

なりやすいといわれているのは、スマホを良く見る方や、アレルギー皮膚炎、近視、タバコを吸う方だそうです。

 

実際、治療はいらないといわれても、目の周りの浮遊物は不快なものですし、できる限り悪化を遅くしたいものです。

 

悪化させないためのポイントは、できる限り眼精疲労を避けることと、抗酸化成分を意識して摂取することといわれています。眼精疲労を避けるためには、パソコンやスマホを使うときには、1時間程度で少しの休憩を取るようにすること、眼球を動かして筋肉の運動をすること、ホットパックやクーリングなどで目を休めることなどが良いそうです。

 

一方、抗酸化力が高い成分というと、ルテインが有名です。紫外線などの影響をもろに受けることから、目は活性酸素の影響を受けやすいですが、そのためにもルテインを1日6mg摂取するといいといわれています。

 

ルテインは、ケールや緑黄色野菜に多く含まれているのですが、ケールは苦いので、食用には適さず、ホウレンソウには100gで10mg含まれていますが、そのほかの緑黄色野菜では、1日に必要な量を摂るには、かなりの量が必要になります。

 

毎日ほうれん草を食べ続けるのは難しいので、飛蚊症を悪化させないために十分な量を撮りたいと思ったら、サプリメントを使うのが現実的です。このことからも、飛蚊症を悪化させないためには、ルテインのサプリメントを飲むことがおすすめです。