ゼアキサンチンの摂取による目の病気予防

ゼアキサンチンの摂取によって目の病気予防護できます

 

ゼアキサンチンは目の保護にとって欠かせない有効成分です。そして必ずと言っていいほどルテインも一緒に出てくる言葉です。

 

この2つの成分は目にとってそれぞれ必要な成分であり、目の病気の予防や進行を遅らせるために摂取すべきものです。

 

今回はゼアキサンチンの目に対する効果とルテインとの関係についてご紹介いたします。

 

下記にてそれぞれ内容をまとめましたので、ゼアキサンチンについての知識を役立ててください。

 

 

ゼアキサンチンとは何なのか?

ゼアキサンチンについての詳細

 

ゼアキサンチンは体内で吸収したルテインが代謝によって作り変えられた物です。ルテインが原料となるので構造が非常に似ています。

 

そしてルテインとゼアキサンチンはそれぞれ目に対する保護を行う部位も違ってきます。

 

ゼアキサンチンは動植物界に広がるカロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。現在カロテノイドは全てを含めると約700種類以上あるといわれています。

 

 

カロテノイドですが、大きく分けてカロテンとキサントフィルの2つに分類されています。

 

そしてルテインとゼアキサンチンはキサントフィルに属しており、目に対する保護効果を持っているのはこの2種類のみです。

 

これだけの種類がある中で2つだけが目に対する抗酸化作用を持っていますが、他のカロテノイドは目に対する保護効果は一切持っていません。

 

そして目を守るために1日必要とされる摂取量は6mgが適量と定められており、摂取しすぎてもビタミンの様に体に害となる事はありません。

 

特にアメリカでは目を守るためにサプリメントでルテインやゼアキサンチンを摂取する事が推奨されているのです。

 

ゼアキサンチンをサプリで摂取する場合、機能性表示食品として販売されているルテインサプリに含まれているので、いつでも摂取する事が可能です。

 

ゼアキサンチンが有効な目の病気

ゼアキサンチンの効果がある目の病気

 

主にゼアキサンチンは目の中にある黄斑部の中心に存在し、黄斑変性症や白内障に対する高い予防効果を持っています。

 

ゼアキサンチンは黄斑部の中心を守る事に特化している成分で、ルテインではこの部位は保護する事ができません。

 

そしてゼアキサンチンが不足するような状態を作ってしまうと、目の病気が発生する確率が高まります。

 

例えば、日常で何気なく行っているスマホやパソコンの画面を見る度に目の中にブルーライトが入ってきます。このブルーライトは目にとって害となる光なのです。

 

主に視力低下や目の疲れは、ブルーライトを目に浴びる事によって表面で保護しているルテインや、目の内部で保護を行うゼアキサンチンが減少する事によって起こります。

 

ゼアキサンチンが減少したら補給をしなければなりませんが、不足した状態が続くと目の保護効果が低下してブルーライトによる目のダメージが蓄積されていき、白内障や黄斑変性症に繋がります。

 

また糖尿病になった場合、血管を通じて送られる酸素が網膜に届けにくくなり、それを補うために新生血管と呼ばれる新しい血管が増えてしまいます。

 

この事によって糖尿病網膜症と呼ばれる合併症を引き起こしてしまいます。症状が進むと網膜剥離となって視力が低下してしまうのでゼアキサンチンほ補給が欠かせません。

 

目の保護を行うためにはルテインと同時にゼアキサンチンを摂取していく必要があるという事です。

 

ゼアキサンチンとルテインの役目の違い

ゼアキサンチンとルテインの目の保護効果の違い

 

ゼアキサンチンとルテインは目の内部で保護を行っている部分が全く違ってきます。ゼアキサンチンは黄斑部の中心を保護し、ルテインは黄斑部の周辺をそれぞれ保護しています。

 

またゼアキサンチンは黄斑部の最中心の限られた場所にのみ蓄積される事に対し、ルテインは網膜・黄斑・水晶体と目の全体にいきわたる成分なのです。

 

ですが2つの成分の構造分子は全く同じもので、代謝によって作り変えられます。ルテインを摂取した後にそのまま利用される物とゼアキサンチンに作り替えられる物に分かれます。

 

科学用語でこの関係を構造異性体と呼び、組成式は同じですが原子の間の結合関係が異なる分子の事を指します。

ルテイン10mgの摂取量に対してゼアキサンチンを2mg摂取する事により、黄斑変性症の発症リスク(確率)が57%も減少して進行リスクも26%減少するというデータが出ています。

それぞれ役目が違い成分ではありますが、同時に摂取する事で目を守って症状の進行も抑制できるという優れた成分です。

 

ゼアキサンチンを効率よく補給する方法

ゼアキサンチンを効率よく補給するための方法は?

 

ゼアキサンチンを補給するには外部からの摂取が必須となっています。

 

体内で生成する事は出来ない成分ですので、ルテインを多く含む食材を食べるのが基本的な摂取方法です。

 

またルテインとの同時摂取が望ましく、それぞれの成分を含んだ食材を用意しなければなりません。

 

ルテインの場合、ケール・チリメンキャベツ・ほうれん草といった濃緑食葉菜に多く含まれています。

 

ゼアキサンチンの場合、パプリカ・とうもろこし・柿といった黄色系の植物性および動物性である鶏卵にも含まれており、野菜と比べて遜色ない濃度を持っています。

 

これらの食材でそれぞれ成分を摂取できるのですが、必要量を摂取する為にこういった食材を集め続けるのも費用が高くつく事があります。

 

そんな時におすすめしたいのがサプリメントによるルテインとゼアキサンチンの摂取です。最初に述べたようにアメリカではサプリメントによる摂取が普及しています。

 

サプリメントだと食事の補助として両方の成分を同時に摂取できますし、いつでも水で簡単に飲むだけなので手軽で簡単なのです。

 

さらにサプリメントの費用の方が食材を揃えるよりも圧倒的に安くなります。1か月分で約4000円前後なので、食材の半分以下で効率よく摂取できるんです。

 

目にとって有効であるゼアキサンチンとルテインを毎日サプリで摂取しながら、目の健康維持をしていきましょう。

 

下記にてオススメのサプリメントをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴


売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!

マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合
【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴



4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!
<<4種の果実の特徴>>

  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)