深視力の事を知っておかないと後で困ります

深視力の事を知っておかないとヤバい事になります

 

深視力という言葉は日常であまり聞かない言葉です。ですが運転免許の取得や更新に関係しているんです。

 

特に大型や牽引・二種といった免許を取得しようとしている方、既に持っている方なら必ず知っている言葉です。

 

この深視力は免許の取得で自動車学校に入る時、そして免許の更新時に必ず行われている検査です。

 

深視力の検査に合格しない場合、免許が失効してしまいます。深視力は常に正常ではなく低下する事もあるんです。

 

前回の免許更新では合格したけど、次の更新ではちょっと危ういと感じる方も居る事でしょう。それだけ深視力の検査はややこしくて分かりにくい物です。

 

そこで今回は深視力について改めて学び直す事と、低下した場合の改善策や予防のための方法をご紹介します。

 

 

深視力は何を見る力?

深視力は何を見る力なのか?

 

深視力は通常の視力検査とは違い、両眼の視機能である立体感や遠近感を判断する視力の事を指します。

 

通常ですと左右それぞれの視力を測るのですが、深視力は両目で見た状態で動いている物との距離感を測る為に必要とされています。

 

特に大型免許の場合、車のサイズが長いので運転時には適度な距離感を保つことが求められます。深視力が低下している状態だと事故の原因となってしまいます。

 

また70代を越えた高齢者の運転する車は前後のバンパーの角に擦ったような跡が多く見られます。

 

これは距離感が掴めていない事で曲がり角や駐車時にぶつけてしまいます。ですが普通免許の更新では深視力は検査を行っていません。

 

実際に深視力の検査の対象となる免許は以下となります。

  • 大型免許
  • 中型免許
  • 準中型免許
  • けん引免許
  • 普通二種免許
  • 中型二種免許
  • 大型二種免許

これらの免許更新時に必ず深視力の検査は行われます。

 

そして、これらの検査がなぜ必要とされているのか?は下記にて解説いたします。

 

大型などに運転に深視力が必要な理由

なぜ大型などの運転に深視力が必要なのか?

 

普通自動車免許には深視力が必要なく、大型や二種に必要とされる事に納得がいかない人もいます。

 

ですが、これは国が決めているルールなので従うしかありません。そこで深視力の検査に合格すれば良いので対策をしていきましょう。

 

その前に、なぜ深視力が必要とされているのか?を正しく知っておく必要もあります。ただ必要とされているからではなく、その理由を知る事で理解を深められるからです。

 

視力にはおおまかに2つに分けられており、静止視力と動体視力に分けられます。

 

静止視力は止まっている物を見る力の事で、視力検査で良く行われるCの文字を上下左右に言い当てていく方法です。

 

逆に動的視力は動く物体を捕える力です。特にボクシングにおけるパンチを見切る能力として動体視力が有名です。

 

深視力は動体視力と関係があり、車を運転している最中の視力は通常よりも低下してしまいます。

 

運転中における深視力の低下は誰にでも起こる事であり、車のスピードが上がれば上がるほど視力は低下し、立体感と遠近感が分かりにくくなる事に繋がってしまいます。

 

普通自動車ですとサイズもそこまで大きくないので立体感と遠近感は把握しやすいのですが、大型などになると車体のサイズが数倍となります。

 

サイズが大きくなる事で立体感と遠近感が掴みにくくなり、運転中に交差点で曲がる際にぶつけやすくなってしまいます。この理由で深視力が必要とされています。

 

特に大型トラックやトレーラーでは室内のバックミラーは荷台によって塞がれてしまい、ドアミラーでしか後方を確認できない事が殆どです。

 

そこで深視力によって後方の立体感と遠近感を把握するのです。この理由で免許更新時に深視力の検査が行われています。

 

深視力の検査方法について

深視力の検査で行われている方法

 

免許の更新に欠かせない深視力の検査ですが、どのような物なのか?を以下の動画でご確認ください。

>

これは三棹(さんかん)法と呼ばれる方法で、自動車学校や免許試験場に必ず専用の機器で行います。

 

3本の棒の真ん中だけが前後に動き、左右との距離感を確認します。真ん中の棒が左右と同じ位置に来た時に機械のボタンを押します。

 

この時、検査を3回行って平均値が前後の誤差2センチ以内だと合格です。もし失敗しても再検査も出来るのですぐにダメになるわけではありません。

 

また、通常の視力が良くても深視力が分かりにくいという人もいます。それだけ棒の動きと距離感が非常に分かりにくい物となっているのです。

 

深視力は免許の取得と更新の時に必ず検査を行うので、苦手な人は普段から深視力トレーニングを行う事をおすすめします。

 

深視力の対策については後述しますので、そちらをご参考ください。

 

もし深視力の検査で不合格になったら?

もしも深視力の検査で不合格になった時

 

深視力の検査は分かりにくく、検査に1発で合格しない人も意外と多くいます。

 

そこで実際に検査に合格しなかった場合にどうなるのか?について解説します。

 

まず初めに知っておくべき事は、不合格になったから即時に免許が失効するわけではありません。きちんと猶予が与えられ、再検査も行われます。

 

検査で不合格になった場合ですが、その場で時間を少しおいて再検査を行う事が出来ます。なので一度リラックスして目を休めてください。

 

そこで再検査を行って合格すれば免許の更新が行えます。このケースは特に何らかの対策を行う必要もありません。

 

不合格になってしまい、後日再検査になるというケースもあります。この場合、前回と同じように検査を行い合格すれば免許の更新が可能です。

 

また、再検査の条件によってはメガネもしくはコンタクトレンズといった視力矯正器具を装着するという条件で行わなければならないケースもあります。

 

条件付きで合格したら、その後の免許更新の際も同様の条件で検査を行う事となります。免許にも条件として眼鏡の装着といった記載が入ることになります。

 

ここで後日の再検査において注意しなければならない事があります。それは免許の更新期限内に再検査を済ませるという事です。

 

免許の有効期限内に再検査で合格すればよいのですが、もし期限内に再検査に合格できずに眼鏡を作っている間に期限を過ぎた場合、免許は失効扱いになってしまうのです。

 

こうなると対象の車種を運転する事ができず、大型の場合は普通免許に格下げされてしまいます。

 

ですが失効から6ヵ月内であれば視力検査に合格する事で免許を再取得する事も可能です。

 

ただし、この場合は再び自動車学校で教習を受けなければならないのでお金がかかってしまいます。

 

もし失効して6ヵ月を過ぎた場合、再取得の際に試験の免除は適用されません。

 

なので、必ず失効後6カ月以内に深視力の検査に合格するようにしてください。

 

深視力が低下する原因は?

もしも深視力の検査で不合格になった時

 

深視力が低下するには相応の原因があります。そこでどのような時に低下するのかをまとめました。

 

おおまかに分けて以下の4つの原因が考えられます。

  1. 左右の視力が極端な開きがある事
  2. 斜視もしくは斜位である事
  3. 脳側の認識能力が欠けている事
  4. 深視力の検査自体に慣れていない

1つ目の左右の視力に開きがある場合、左右の目で見た映像が合致しない事があります。

 

右目は見えているけれど左目はボヤけている場合、深視力の機器を見た時に棒の中心がブレてしまいます。

 

2つ目の斜視もしくは斜位の場合ですが、両目の視線が合っていない状態の事です。

 

斜視や斜位は、正面を見た時に片目は中心を見ているけれど、片方は斜めを向いている状態です。(内側・外側・上下など)

 

そこで深視力の検査を行っても視線が合っていないので、中心がボヤけてしまいます。

 

3つ目の脳側の認識能力ですが、両目で見た時に脳に映像の情報が送られていきます。

 

ですが、脳の誤作動によって片方の見えている情報しか送られていない状態となり、中心がボヤけてしまいます。

 

4つ目の慣れていない事ですが、初めて深視力の検査を行う場合、タイミングが取り辛いと感じる人が多い傾向になります。

 

こればかりは何度か繰り返して慣れるしかないので、検査の前にトレーニングを行うと良いでしょう。トレーニングについては後述いたします。

 

深視力を回復させる方法

深視力を回復させて感覚を取り戻す方法

 

低下した深視力を回復させて免許の更新をスムーズに進めていく方法を紹介します。

 

深視力はトレーニング次第で回復させる事が出来るようになりますが、何も対策をしない状態だと低下したままになってしまいます。

 

まずは動体視力を高めるためのトレーニングを以下の動画にて行う事をおすすめします。

>

この動画を見て深視力の感覚を覚えるのが良いでしょう。

 

コツとしては真ん中の棒に視点を合わせず、左右どちらかの棒を見ながら真ん中の動きを見極めると合わせやすくなります。

 

深視力は慣れも必要な検査ですので、苦手な方は日ごろから練習して感覚を身に付けておいてください。

 

次にスマホアプリでトレーニングを行う方法もあります。アップルストアもしくはグーグルプレイで「深視力」と検索すると無料で使えるアプリが出てきます。

 

ダウンロードして、スマホでいつでも気軽に練習をする事が出来るようになります。幾つか種類があるので、自分で使いやすいアプリが見つかるまで試してみてください。

 

そして最後の方法が目にとって有効成分であるアントシアニンを摂取する事です。

 

深視力の低下の原因の1つに目の疲れがあります。この目の疲れは運転中の視界を狭めてしまい、遠近感や立体感も狂い始めてしまいます。

 

これはスポーツを行う際も同様で、疲れによって深視力の低下によってパフォーマンスも低下してしまうのです。

 

深視力はスポーツにおける運動能力とも深くかかわっており、アントシアニンを摂取した人としていない人の実験を行っています。

参考資料:みらい研究所「スポーツとアントシアニン」
サイトURL:http://kenkyu.wakasa.jp/hitomi/health/sports.php

そこで深視力のトレーニングと並行してアントシアニンの摂取を行うと効率よく回復が行えるようになるでしょう。

 

アントシアニンを含んでいる食品を食べるのが良いのですが、目にとって有効なルテインやアスタキサンチンも同時に摂取すると尚良いです。

 

1日に必要なアントシアニンの摂取量は約40〜90mgです。これらの量を摂取するとなれば食材を多めに用意しなければならず、費用も高くついてしまいます。

 

そこでアントシアニンを含んでいるサプリメントを摂取するのがおすすめです。サプリメントであれば月3000円程度で深視力の回復に必要な栄養素が摂取できるようになります。

 

深視力の低下の回復と予防をトレーニングと栄養素の摂取で行い、免許の更新をスムーズに進められるように祈っております。

 

以下におすすめのサプリメントをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴

ルテインサプリメントランキング

売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!
> マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合 【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴



4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!
<<4種の果実の特徴>>

  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)