ルテインと眼精疲労の関係

ルテインと眼精疲労の関係を紹介

 

日常生活で目の疲れや痛みを感じ、物が霞んで見えにくくなったりする事はありませんか?

 

この症状を放っておくと後々重大な目の疾患を引き起こす可能性があり、最悪の場合は失明してしまうかもしれません。

 

眼精疲労は単なる目の疲れではありません。体が出している目の異常のサインなのです。

 

症状が進行すると目のピントが合わなくなっていき、物が見えにくくなっていくのですが予防と改善を行う事は出来ます。

 

目の保護とルテインの摂取によって眼精疲労の予防と改善が可能となります。

 

今回はルテインと眼精疲労の関係について紹介していきます。

 

もしも目の疲れを感じている場合、眼精疲労かどうかを知る事で重大な目の病気を避ける事が出来るようになるでしょう。

 

是非とも目の健康を維持していくためにご参考ください。

 

眼精疲労という状態

眼精疲労という状態で起こる事

 

眼精疲労とは、日常において目を使う作業を続ける事によって眼痛・目のかすみ・まぶしさ・充血といった目の症状が起きる事です。

 

さらに体の症状として肩こり・吐き気が出てしまい、休憩や睡眠をとっても十分に回復しない状態を指しています。

 

また、疲れ目と眼精疲労は同jじだと誤解されている方が多いのですが、これらには大きな違いが存在します。

 

疲れ目は休憩すると回復しますが、眼精疲労は休憩しても回復しないという違いです。

 

疲れ目の場合、休憩をして目を休めたり睡眠をとる事によって目の疲れが解消します。

 

対する眼精疲労の場合、先ほど述べたように休憩や睡眠をとっても一時的に良くなる、もしくは全く改善されない状態なのです。

 

日常生活で目が疲れたり、目が痛いといった事は誰でも経験するでしょう。ですが、大抵の場合は時間の経過と共にと忘れてしまいます。

 

しかし、場合によっては辛い症状が長く続いたり、体に悪影響を及ぼしてしまう事もあるので注意しなければなりません。

 

また眼精疲労だった場合、早急に対処をしなければならず、仕事や環境の変化によって目の負担を減らすといった対策を行わなければ自然に回復する事は無いのです。

 

眼精疲労が進行してしまうと投薬や手術を行っても回復しないケースも多く、目の具合が通常より良くないよと感じたら速やかに眼科を受診するようにしてください。

 

眼科の治療と併せてルテインやアントシアニンといった有効成分の摂取によって目の健康を維持する事が可能となります。

 

眼精疲労によってピントがずれる

眼精疲労によって目のピントがずれてしまう

 

目の仕組みは角膜や水晶体の働きによって、外から入ってきた映像を網膜の中心部(中心窩)にピントを合わせていきます。

 

ルテイン眼精疲労

中心窩は細かい視細胞が詰め込むように並んでおり、小さい物でもハッキリと明確に識別する能力がありますが、この能力を「視力」と呼んでいます。

 

ですが、網膜に高い視力としての能力があったとしても、正確にピントが合っていない状態ですと能力をフルに発揮する事は不可能です。

 

近視の場合、遠くから来る光が網膜の前の位置にピントが合ってしまった場合、写真で言うところのピンぼけになってしまいます。

 

眼精疲労はこのピント機能を低下させ、視力にも影響を与えてしまいます。加齢によるピント機能の低下とは全く違ったものです。

 

5メートルの距離で視力測定を行うと「視力が悪い」と判断されますが、これでは物が正確に見えないのは当然の事なのです。

 

外の像が網膜に映る際に、正確にピントが合わない状態で脳の「視中枢」に伝えられてしまうと、すぐに副交感神経を通じて毛様筋を動かし水晶体を変形させます。

 

この水晶体の変形を行う際、目の筋肉が疲れる事でピント機能に狂いが生じるのが眼精疲労の特徴と言えます。ルテインが不足する事も目のトラブルに影響しているので、充分なルテインの量が目にとっては必要と言えます。

 

年齢が若い人は十分にピント調節能力が働くので、急に対象が動いてもすぐに調節する事が出来ますが、40歳以上になると調節する速度は遅くなりはじめます。

 

20歳前後は調節力が最も高く、正視の人であれば対象から見て眼前8cmの所までピントを合わせる事が可能となります。

 

ですが、30歳をす過ぎた辺りから次第に調節力が衰え始め、40歳を越えると目いっぱい努力しても25cmまでの範囲しか見えないのです。

 

加齢によるピント機能の低下は上記の通りなのですが、眼精疲労が起きると20代でも視力低下が起きたり、そのままにしておくと目の病気に繋がってしまいます。

 

また加齢による視力低下のスピードはルテインの摂取によって進行を遅らせる事もできるようになります。

 

もしも目のピントがずれている?と感じた場合は眼科に行って検査を行いましょう。早期発見で眼精疲労を回復させる事は可能です。

 

眼精疲労の症状

眼精疲労で起こる症状は5種類

 

眼精疲労と言っても、これは症状の総称であり明確なジャンル分けという意味ではありません。

 

そして眼精疲労は大まかにですが5パターンに分類されます。

  1. 調節性眼精疲労
  2. 筋性眼精疲労
  3. 症候性眼精疲労
  4. 神経性眼精疲労
  5. 不等像性眼精疲労

それでは1つずつ簡単に内容を紹介していきます。

調節性眼精疲労

調節性眼精疲労は一番多いケースとなります。

 

ピントの調節時に働いている毛様体筋は目が遠くを見る時には力を抜き、近くを見る時には力を入れます。これによってピントを合わせていきます。

 

この毛様体筋が疲労する事で本来の機能が低下してしまい、ピント調節が上手くいかなくなっている状態です。

 

特にパソコン・TV・スマホを見ている時は常に毛様体筋に力が入っている状態なので、目が疲れやすくなってしまいます。

 

疲労が溜まって取れなくなった時にピントがぼやけ始めるので、体から異状のサインが出ています。

筋性眼精疲労

筋性眼精疲労は眼球を動かす外眼筋と呼ばれる6本の筋肉の疲れで起こります。

 

人は物を見る時に両方の目を寄せなければならないのですが、目の周りの筋肉が目を寄せる事に疲れてしまうのが筋性眼精疲労です。

 

筋性眼精疲労の場合、斜視や眼球の運動に異状がある時に起こりやすくなっている傾向があります。

 

ルテインの摂取によって目の保護効果を得られるので、疲労回復と同時にルテインの摂取も行うべきです。

症候性眼精疲労

症候性眼精疲労は他の目の病気によって起こされる疲労です。

 

目の病気で関連している物は、ドライアイ・ものもらい・結膜炎・角膜炎・白内障・緑内障などです。

 

また全身疾患が原因で起こるケースもあり、根本的な原因となっている病気を治す事が大切です。

 

他の目の病気の症状の1つとして起きる眼精疲労であると理解しておけば良いでしょう。

 

この場合、大元の原因によってはルテインの効果が得られないケースもあります。

神経性眼精疲労

神経性眼精疲労は名前の通り神経から来るものであり、主な原因はストレスです。

 

日常生活や仕事におけるストレスによって自律神経が不安定になった場合、ピント調節の切り替え機能が乱れてしまう事で起こります。

 

自律神経は目だけではなく、耳鳴りを起こす事もあるので非常に繊細な神経でもあります。

 

改善するにはストレスを感じる大元の原因を解消する事が必要です。

不等像性眼精疲労

不等像性眼精疲労は左右の目の視力に違いがある場合に起こります。

 

物を見るときは左右の目でピントを合わせるのですが、視力がそれぞれ違っており、数値に開きがある場合に目に負担がかかります。

 

視力の違いによって左右で見えている映像が合致せず、それを合わせようとする事によって目が疲れてしまうのです。

 

特に眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていない時に見られる症状ですので、定期的に調整を行うのが良いでしょう。

 

この度数が違う症状はルテインの効果が期待できませんが、左右それぞれの度数が合った状態ですとルテインを摂取していくのが良いでしょう。

眼精疲労が起こる原因

眼精疲労を引き起こす原因

 

眼精疲労の原因は先ほど紹介した5種類に分けられる項目が主なものとなります。

 

また目の中にあるルテインが減少する事でそれぞれの機能低下も起こってしまいます。目の疲れとルテイン不足によって眼精疲労が起こるとも考えられています。

 

もう少し掘り下げて明確な原因を紹介していきます。そして日常生活の習慣で当てはまるかどうかも同時にチェックすると良いでしょう。

 

ですが、眼精疲労と予想もしていなかった体の異常と関係しているケースが存在します。

 

予想外な関連となっているのが「肩こり」です。肩こりと眼精疲労は密接な関係にあり、多くの人が気付くことなく過ごしている事が多いのです。

 

他にも3DやVR機器の使用によって目が疲れたり、日常生活の習慣の影響も原因として考えられます。

 

それぞれの原因と関連性について紹介します。

 

肩こりと眼精疲労の関係

眼精疲労は肩こりを起こす主な原因の一つです。

 

目の動きには動眼神経などの脳神経が関わっており、目の使い過ぎる事によって視神経の周りの筋肉が硬くなってしまいます。

 

視神経は首の後ろに集中していますが「視神経が硬くなる=首や肩がこって硬くなってしまう」事によって影響を受けます。

 

また、斜視(両眼の視線が揃わない状態)も肩こりの原因になりますが、目の焦点が合いにくいような場合は斜視が隠れている可能性も考えられます。

 

目のピントを保ち続けるため、常に目の筋肉を無理に収縮させているため目が疲れやすくなってしまいます。

 

そして首周りの筋肉が過度の緊張を起こし、肩こりや緊張型頭痛の大きな原因となっています。

 

3DやVR機器と眼精疲労の関係

今や映画やゲームは3Dが主流となりつつありますが、その分目に対する負担も増えています。

 

若い世代の眼精疲労はこれらの機器の使用によって起こされるケースがあり、今後ますます増加するでしょう。

 

また、国民生活センターから「3D映画による体調不良」という内容の報告もされており、眼精疲労が起きたという事例も記されています。

 

これまでの主流だった2Dの場合、両目で画面の中心を見ていましたが、3Dだと専用の眼鏡を装着する必要があります。

 

そして3Dだと視点が交差している状態になってしまいます。右目は画面左側を見て、左目は画面右側という風な仕組みです。

 

視点が交差する事で左右の目のピントを合わせるために目の筋肉が酷使されていき、眼精疲労に繋がってしまうのです。

 

さらに全体の約5%程の人は3Dを見たとしても映像が立体に見えないケースもあるのです。

 

特に3DやVR機器を使用した後は必ず目を休ませるようにして、筋肉の疲労を取ってあげるようにしてください。

 

眼精疲労になりやすい習慣

眼精疲労になりやすい習慣に注意

 

眼精疲労は生活習慣の積み重ねで起こるケースが多々あります。

 

そこで毎日の習慣を振り返り、以下の項目を見て眼精疲労になりやすいかどうかをチェックしてみてください。

  • コンタクトレンズを使っている
  • 仕事でPCをよく使う
  • 床に寝転んでTVを見る
  • 電車の中で本を読む
  • ストレスを感じる事が多い

これらの項目の1つでも当てはまると眼精疲労の可能性が考えられます。

 

基本的に目にとって負担の大きい習慣が身についていると、目に対する疲労が積み重なっていきます。

 

これらの習慣がある場合、今からでも行わないように意識する事で眼精疲労になりにくく出来るでしょう。

 

何気ない日常の習慣が眼精疲労に繋がっていくので、目を守るためにもこれらの行為は避けるようにしてください。

 

眼精疲労の治療

眼精疲労の治療および予防法

 

眼精疲労だと感じた時に最優先でやるべき事は、目の負担になる行動をすぐに中止する事です。

 

例えばパソコン作業を長時間行っている時に目の疲れ・かすみ・痛みを感じたら、パソコンの画面を見るのをやめるのが大事です。

 

眼精疲労には必ず原因があり、その大元となる行動を中止しなければ疲労は溜まり続ける一方で、目の症状も徐々に酷くなっていきます。

 

治療と対策で即効性のある物は、蒸しタオルを電子レンジで温めて目の周りに乗せる事で目の筋肉をほぐし、血行を良くする事が出来ます。

 

同様に首の後ろも温めてあげる事で自律神経や視神経の緊張もほぐれ、リラックスした状態にする事で疲れが徐々に解消されていくでしょう。

 

特に目の筋肉が疲れる事でピント機能が低下していきますが、この筋肉の緊張は温める事でほぐす事ができます。体の他の筋肉と同じで温める事の効果は非常に高いです。

 

また眼科で診察してもらった後に処方される目薬も効果が有ります。目にとっての有効成分が含まれているので、直接作用する事で目の筋肉の疲れを取ってくれます。

 

他にも眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、視力検査を行ってから度がズレていないかを確認するようにしてください。これで不等像性眼精疲労にならなくて済みます。

 

そして目にとって有効な栄養素を摂取するのも欠かせません。特に影響があるのがルテイン・アントシアニン・ゼアキサンチンや各種ビタミン類です。

 

これらの成分は目の健康を維持する上で必ず必要になっており、不足すると目の様々なトラブルが起きやすくなってしまうからです。

 

そこで目にとって必要な栄養素を以下でご紹介いたします。

 

目にとって必要な栄養素

目にとって必要な栄養素で眼精疲労を治す

 

目の疲れは眼精疲労の原因ですが、回復させる場合には目を休ませる以外に有効成分の摂取も必要なのです。

 

医師から処方される目薬には目にとって有効な成分が含まれていますが、食事で成分を摂取する事も必要です。体の内外から有効成分を摂取する事をイメージしてください。

 

そして有効成分の摂取は目の筋肉だけでなく、レンズである水晶体や網膜といった目を構成している部位にも良い影響を与えます。

 

特に目にとって必要とされる代表的な栄養素がルテインです。カロテノイド(色素)の1種であるルテインは抗酸化作用を持っており、目の中の活性酸素を除去してくれます。

 

眼精疲労によって目の中に活性酸素が溜まっていくと、水晶体や網膜に悪影響を与えて様々な病気を引き起こしてしまいます。こうなった場合、最悪のケースは失明までいってしまいます。

 

さらにはブルーライトから目を守るフィルターとしての働きも持っており、目のトラブルを防ぐためにもルテインは重要な成分なのです。

 

またアントシアニンもルテインと同様に目の健康維持にとって欠かせません。

 

網膜の中には光の明暗を感知するロドプシンと呼ばれる物質があり、分解と再合成を繰り返しているのが特徴です。

 

ロドプシンは目を使用する事で徐々に分解され、加齢とともに減少していきますが、アントシアニンの働きによって再合成する事が可能となります。

 

アントシアニンが不足している状態ですとロドプシンの再合成が行いにくくなり、光を感しづらくなって視力低下に繋がってしまいます。

 

暗順応(暗闇に目が慣れる)といった事にも関わっており、アントシアンは目の機能向上の効果があるのです。

 

各種ビタミン類も目にとっては欠かせず、ビタミンA・B1・B2・C・D・Eと多くの成分が目にとって必要です。しかしビタミンは人間の体では生成する事ができないので外部から取り入れるほかありません。

 

これらの成分を全て食事で補給するとなると、多くの食材が必要となり食費がかさんでしまうのは目に見えています。

 

そこでまとめて有効成分を纏めて簡単に摂取する事が出来るサプリメントをおすすめしています。サプリメントですと上記の成分が全て摂取する事が出来るので、食事の補助としても最適です。

 

しかもサプリメントなので食材を買い揃えるよりも安価で、しかも水で飲むだけという手軽さです。実際に医療機関でもサプリメントの摂取は推奨しているケースが多いのです。

 

その理由は食材よりもサプリメントの方が吸収効率が良く、ルテインやアントシアニンを活かすための成分も含まれているからなんです。

 

また、有効成分を含んだ食材を揃えると月に数万円はかかるかもしれませんが、サプリメントなら1ヶ月分で約4000円〜5000円程で済むので経済的です。

 

眼精疲労から目を守って視力低下を改善・予防するためにサプリメントを毎日摂取して目を守っていってください。

 

そして目がハッキリ見える「ようになり、健康で楽しく過ごせる毎日を再び手に入れる事を願っています。

 

おすすめのアイケアサプリはこちら

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴

ルテインサプリメントランキング

売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!
> マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合 【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴

ルテインサプリメントランキング

4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!

<<4種の果実の特徴>>
  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)