老眼とルテインの関係

老眼とルテインの関係

 

ルテインサプリ

老眼は加齢によって起こる現象で、男女関係なく近くの物が見えにくくなってしまいます。

 

生理現象なので完全に止める事はできませんが、ルテインの摂取によって進行を遅らせる事は可能です。

 

目は外部の情報の8割を取り込む大切な部分なので、機能を損なうリスクには充分注意すべきです。

 

また現在は老眼にも幾つかの種類があり、それぞれ発症する原因は違います。

 

今回は老眼について解説していき、改善と予防の方法も併せてご紹介していきます。

 

いつまでも文字が見える健康な視力を維持するためにもご参考ください。

 

老眼について

老眼について知っておくべき事

 

ルテインサプリ

老眼は加齢によって起こる白髪と同じで、目にも影響が出てきます。

 

主な症状は視力低下なのですが、特に近くが見えにくくなるといった症状が出ます。遠くは普通に見えるのですが、目の前にある物が見えにくくなるのは日常生活でも困ってしまいます。

 

また、日本全国で30代〜60代の男女を対象に「老化の実感」に関するアンケートを取ったところ、一番老化を実感しているのは「物忘れ」や「前日の疲れが残る」よりも「小さい文字が見づらくなった」と言う事が上回っていたという驚きの結果が出ています。

 

さらに自分では老眼ではないと思っていたとしても、実は少しずつ目の老化は始まっています。

 

日常で感じる「若いころより目が疲れやすい」・「薄暗い場所では見づらい」・「午後になると見えにくい」といった不快症状は目の加齢によって起こっているのです。

 

老眼は加齢によって水晶体と呼ばれる外部の景色を映し出すレンズの役目を担っている部位が硬くなってピント調整が出来ない状態になっています。

 

ルテインサプリメントランキング

目をカメラで例えると、水晶体の役目であるピントはオートフォーカスと考えてください。対象物を見る時に、自動でピント機能を調整する事でハッキリ見えるようになります。

 

元々目の中に入ってきた光はピント調節で丁度良い場所で屈折して網膜に映し出す事で脳に信号を送ります。そして脳が信号を受け取った時点で初めて物が見えるという仕組みになっています。

 

しかし老眼になるとオートフォーカス機能が低下し、屈折の位置がズレてしまう事でピントが合わずに物がハッキリと見えずにボヤけてしまうのです。

 

大抵の人が同じくらいの年齢で老眼は始まるのですが、元の目の状態によって老眼を自覚する時期が違ったり、程度に個人差が出ます。

水晶体の働き

水晶体で物を見る時の働き

 

水晶体は厚みを変える事で近くや遠くを見る時にピントを合わせます。遠くを見るときは薄くなり、近くを見るときは厚くなります。

 

厚みの変化が出来るのは水晶体が柔らかいという特徴があり、周囲にある水晶体の厚みを調節している毛様体筋が作用して厚みを変える事が出来るのです。

 

ですが、水晶体自体が加齢によって硬くなってしまうとゴムと同じように柔軟性や弾力を失って全く変化が起きなくなってしまい、ピント機能が狂って視力も低下してしまいます。

 

ルテイン

同様に毛様体という筋肉の働きも悪くなるため、近くを見ようとしても水晶体を厚くすることができずず、近くにピントを合わせる能力が落ちてきます。

 

また、子供の水晶体は大人と違って透明なゼリーをセロファンで包んだようにやわらかく柔軟で、そのため目の前数センチまでピントを合わせて物をみることができます。

 

年齢によって水晶体のピント機能は変化しており、加齢によって徐々にピントが合う位置は奥になっていきます。

 

年代別のピントの合う距離は10歳で約5cm・20歳で10p・30歳で15cmとなっていますが、老眼が始まる45歳辺りになると40cmも奥まで行かなければピントが合いません。

 

そして最終的に水晶体が遠くにピントを合わせた状態のまま固まってしまい、その結果近くが見えにくくなってしまいます。

 

そこで老眼を完全に防ぐ事はできませんが、水晶体を保護して進行を起こらせる事は可能ですので、後程老眼の予防の項目で紹介します。

スマホ老眼

若者に増えているスマホ老眼

 

ルテインサプリ

スマホ老眼は現在最も増加している症状であり、特に10代〜20代の世代に一番多い症状です。

 

また若年性老眼とも言われており、通常の老眼に比べて進行が早く、気づかない内に老眼が進行していることもあります。

 

基本的に老眼を自覚するのは45歳がピークですが、10代から視力低下を自覚する症状なので早めの対策が必要とされます。

 

症状の名前の通り、スマートフォン・タブレット・携帯ゲーム機などを長時間にわたって至近距離で使用することで一時的に起こるピント調節機能障害の一つです。

 

スマホ老眼になると一時的にピントが合いにくくなって視界がボヤける状態になります。この症状は目を休めると回復しますが、慢性的に続くと本格的に視力は下がっていきます。

 

特に分かりやすい症状として手元の文字が見えにくくなったりします。スマホ老眼の人に良くみられる光景がスマホを目から離して見る仕草です。これは近くにある画面の文字が見にくくなるので、見えるように距離を取っているのです。

 

また文部科学省による調査で10代の視力低下の割合の比較データが発表されましたが、今の時代を象徴している結果が出ています。

 

2015年と1979年に文部科学省が行った調査において、小学校から高校までの裸眼視力1.0未満の全体の割合は以下となります。

各世代

2015年

1979年

小学生

30.9%

17.9%

中学生

54.0%

35.1%

高校生

63.7%

53.0%

上記の比較を見て分かる通り、約40年で視力低下している事が顕著に表れています。

 

これは時代と共に10代の目を酷使する環境が出来上がっているといっても良いでしょう。現在はその原因として外せないのがスマホという事です。

 

また、家庭用ゲーム機の普及やパソコンの普及も視力低下に大きく関わっています。

 

さらに視力が0.3未満の幼稚園児・や児童の割合は、これまでの40年で約3倍にまで増加しているので今度ますます増加すると考えられます。

 

これからスマホなどの携帯機器ユーザーはさらに増加し、それに比例してスマホ老眼も増えるでしょう。

スマホ老眼の仕組み

スマホ老眼が起きる仕組み

 

ルテインサプリメント

通常の老眼は水晶体が硬くなって厚みが変化せずに近くの物が見えなくなります。

 

これに対してスマホ老眼の場合、水晶体の厚みを変化させる毛様体筋が凝り固まって動かなくなってしまう事で起こります。

 

老眼は水晶体が硬くなる事で調整できなくなって起こりますが、スマホ老眼は毛様体筋が硬くなって水晶体を調節できなくなる事で起こります。

 

加齢によって水晶体が硬くなる事と、目の疲れによって毛様体筋が硬くなる事の違いがそれぞれ老眼とスマホ老眼の決定的な違いとなります。

 

若い時は水晶体自体が硬くなって調整できなくなるといった事はありませんが、その水晶体を調整するための毛様体筋に影響が起きてしまうのです。

 

付け加えると、スマホの画面は目にとって太陽光と同じ有害なブルーライトが出ています。ブルーライトが目に入ると目が疲れやすくなり、ドライアイや視力低下にも繋がってしまいます。

 

さらに高齢者で発症が多い「加齢黄斑変性症」もスマホやPC画面から出るブルーライトの影響により、若者にも発症しやすくなっているので要注意です。

 

加齢黄斑変性症の詳細はこちら⇒内部リンク

 

スマホ老眼になりやすい条件として以下の3つの習慣が挙げられます。

スマホ老眼になりやすい3大悪習慣

  1. 特に電車内でスマホを見る「電車スマホ」
  2. 歩きながらスマホを見る「歩きスマホ」
  3. 寝転がってスマホを見る「寝転がってスマホ」

この3大悪習慣がスマホ老眼の引き金となっているケースが数多くあります。

 

しかし、スマホ老眼の場合は加齢で起こる老眼と違い、スマホの利用時間を制限したり意識的に目を休ませる事で症状は収まっていきます。

 

日常で使用するスマホの時間を少なくしたり、上記の悪習慣を行わない事がスマホ老眼にならないために必要な事です。

 

予防と改善については下記にて紹介します。

スマホ老眼の自覚症状

スマホ老眼の自覚症状をチェック

 

スマホ老眼は予防と改善を行う事は可能です。通常の老眼は加齢によるものですが、スマホ老眼は正しいケアで視力を回復させられます。

 

まずはスマホ老眼の自覚症状について知っておきましょう。以下の症状が起きていないか?をチェックしてください。

スマホ老眼の自覚症状一覧

  • 目が乾く・充血する・目が腫れる
  • スマホを見た後に遠くを見るとボヤける
  • 夕方になるとスマホの画面がボヤける
  • 休んでも翌日に目や体の疲れが取れない
  • スマホの画面を見る時に少し離すと見やすくなる
  • 頭痛がしたり、頭が重く感じる
  • 肩こりがある
  • 天井を見ようとすると首に痛みや違和感がある

これらの症状に1つでも当てはまっていると、スマホ老眼の可能性が考えられます。

 

ですが正しい対処を行う事で上記の症状を予防・改善する事は出来るのでご安心ください。

スマホ老眼の予防と改善

ルテインサプリメントランキング

スマホ老眼の予防および改善する方法は以下の方法を行うようにしてください。

 

まず予防のためにスマホを使用する場合、1時間に1度は必ず10分ほど休憩し、手のひらと遠くを交互に見てください。

 

これは毛様体筋を休める事と、近くと遠くを交互に見る事で調整の幅を維持するために行うのです。近くばかりを見ている状態だと毛様体筋が固まってしまうので、休めつつもほぐす必要があります。

 

次に寝る前に40℃程度のおしぼりで目の周りを温めて凝りを取るのが効果が有ります。

 

目の周りには毛細血管がたくさんあり、目の疲れによって血管が縮んでしまいます。こうなると血流が悪化し、目に必要な成分が送りにくくなってしまうのです。

 

そこで温める事で血管を元のサイズに戻し、血流を良くする目的があります。こうする事で血管と同時に毛様体筋をほぐす効果が得られます。

 

最後にスマホを扱う時の環境設定になります。スマホから出るブルーライトの影響を最小限にとどめ、目を守る効果が有ります。

 

画面のカラーは薄い背景に濃い文字が見やすく目に優しい仕様です。スタンダードに白の背景に黒い文字が一番読みやすい状態となります。

 

さらにスマホ画面を見るときは必ず目から40センチ以上離し、やや下向きの角度で画面を見るようにする事で目の負担を減らす事が出来ます。

 

自分でスマホを扱う時の意識次第で目の疲れを軽減する事ができ、スマホ老眼の予防及び改善へとつなげる事が可能です。

夕方老眼

夕方老眼は目疲れ老眼とも言われている

 

ルテインサプリ

夕方老眼は主にオフィスで働くサラリーマンの人に起きやすい症状です。

 

症状が起きるのは名前の通りに夕方に顕著になります。これはデスクワークによって起こる目の疲れが夕方になって影響してくるからです。

 

オフィス内で仕事の書類作成やパソコン作業といった目を酷使する作業が原因です。特に30代以降に起こりやすい症状で眼のかすみ・視界のボヤけが出てきます。

 

午前中は目の疲れは少ないのですが、午後2時を越えた辺りから一気に目の疲れはたまっていき、午後4時あたりを境にピークを迎えて目に症状が現れてきます。

 

また、月曜から金曜までの1週間の仕事による目の疲れのデータを取った結果、金曜の午後が一番調節機能が低下しているという事が判明しました。

 

これにより、1週間の仕事による目の疲労が蓄積されたものと考えられます。金曜日の午後が一番目が疲れやすい状態で日ごろのケアが大事だと感じさせる結果と言えます。

老眼の予防の方法

老眼の予防するために必要な事

 

老眼は加齢によって起こる生理現象となり完治させる方法はありません。ですが老眼鏡を使用する事で見えるようになる対策は行えます。

 

またレーシック手術を行って視力を取り戻すという方法もあるのですが、今現在有効だったという報告はされてないのが現状です。

 

そこで老眼が発症するタイミングを遅らせる事で視力低下を予防していくという考え方が大事になります。

 

老眼を予防するために以下の2つをおすすめします。

老眼予防で意識する事

  1. 目の筋肉を鍛える
  2. 紫外線から目を守る

まず1つ目の「目の筋肉を鍛える事」ですが、これは毛様体筋を鍛えて水晶体を動かす力を維持する事が目的です。

 

そこで以下の毛様体筋のトレーニングが最適です。

毛様体筋のトレーニング方法

  • 1・強く目を閉じる(目に力を入れてギュっと)
  • 2・5秒ほど経過したら大きく目を開く
  • 3・顔を動かさないようにして、目だけをグルっと一周させる(左回り⇒右回り)
  • 4・1〜3を2〜3分ほど繰り返す

この内容を毎日繰り返す事で、目のピント機能の低下を抑える事が出来るようになるでしょう。

 

ルテインサプリメントランキング

また、首や肩の凝りを取る事も目にとっては良い影響を与えます。凝りを取る事で血流が良くなって目の周りの血液の滞りがなくなります。

 

これは目が見えにくくなる事によって筋肉の緊張を高めて肩こりや頭痛を伴ってしまうからです。そして疲れが取れないままだと筋肉の凝りによって老眼が早く起きてしまいます。

 

こういった場合、風呂に入るときはシャワーで済まさずに湯船にゆっくりと浸かって首回りを温めて軽くマッサージするのが良いです。

 

また目の周りを温めるには蒸しタオルを乗せる事も有効ですので、仕事の休憩中や寝る前のちょっとした時間に行うのも効果が有ります。

 

2つ目の「紫外線から目を守る」ですが、紫外線と言えば、美容の敵としてシミやそばかすの原因だけと思われがちですが、実は目の病気の原因になっている事はあまり認知されていません。

 

老眼を自覚するタイミングが早い人の傾向として、紫外線曝露量が多いというデータが出ています。つまり、紫外線を防ぐ事が老眼を遅らせる事ができると言う事に繋がります。

 

水晶体は光を屈折させるレンズの役割以外に、人体に有害な紫外線も防ぐ役割を持っています。

 

ルテインサプリ

目の表面にある角膜も紫外線を防ぐ機能はあるのですが完全ではなく、角膜を越えて入ってきた紫外線を水晶体が完全に遮断する事で目を守っています。

 

実は水晶体にルテインが存在し、水晶体を紫外線から守るために張り巡らされているのです。そして紫外線を防ぐたびにルテインの残存量は減っていきます。

 

もしルテインが不足した場合、水晶体を守る機能が低下してダメージが蓄積され始めていきます。徐々に水晶体の柔軟性が失われていき、老眼の発症が早くなってしまうのです。

 

水晶体を守るためにも、ルテインが不足する事が無いように毎日きちんと摂取するのが望まれます。

ルテインを効率よく摂取する方法

ルテインを効率よく摂取する方法

 

老眼やスマホ老眼の予防のためにもルテインは欠かせない成分です。紫外線やブル−ライトから目を守るためにも摂取が欠かせません。

 

1日に必要なルテインの摂取量は10mgですが、食事で摂取するとなると結構な量を食べる事になるでしょう。

 

そうなると費用がかさみ、食事内容も偏りがちになってしまうのは目に見えています。そこでルテインを効率よく摂取するためにサプリメントによる摂取をおすすめします。

 

医療先進国のアメリカでは目の保護の為にルテインサプリメントの摂取を推奨しています。その理由はサプリメントなら1日10mgを必ず摂取する事が可能だからです。

 

またルテインサプリメントには目にとって有効な成分であるアントシアニン・ゼアキサンチン・ビタミンA・ビタミンEも含まれているので、食事の補助として最適です。

 

ルテインサプリメントなら食後に水で飲むだけなので簡単に摂取できます。また外食時や外泊時にも持って行ける手軽さもあり、いつでもどこでもルテインを摂取できるのです。

 

老眼の予防を行い、いつまでも裸眼で物が見え、楽しい毎日を送れるようにして行きましょう。

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴

ルテインサプリメントランキング

売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!
> マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合 【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴

ルテインサプリメントランキング

4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!

<<4種の果実の特徴>>
  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)