ルテインが認知症の予防にもたらす効果

ルテインが認知症の予防に効果があります

 

ルテインサプリメント

始めに、認知症は誰もがなりうる脳の病気であるというのを理解してください。

 

世間のイメージでは、認知症は年齢のせい・治療法はない・予防は難しい・徘徊や暴力的になる等の感じで思われている事が多々あります。

 

ですが、現在は進行を遅らせる治療法があり、新薬も開発されています。早期発見で適切な処置を行って症状も緩和できる事が可能です。

 

そんな時、予防に対して有効な手段の1つがルテインの摂取です。ルテインを摂取する事によって脳細胞の劣化と老化を防ぐ効果が得られます。

 

今回は認知症について理解を深めて対処法と治療についてご紹介します。

 

そして家族の認知症を予防するためにも、脳にとって有効なルテインを摂取していきましょう。

 

認知症の定義

認知症の明確な定義

 

ルテインサプリメント

認知症は脳の機能が低下し、回復できない状態にある事を指します。

 

今までの人生で学んできて蓄積された知識や知能の働きが後天的に起きる脳障害によって低下し、日常生活に支障をきたす病気です。

 

家族の誰かが「認知症」と聞いた時、どのように接したら良いのか分からなくなり「とまどい」を感じる方も多いと思います。

 

現在の日本では「認知症高齢者が300万人以上」とも言われており、家族や近所に認知症を患われている方がいるという状況が当たり前になってきているのです。

 

認知症を患ってから生活に少しずつ支障が出始め自分の事を自分で行うのが困難になった時、周囲の人たちが認知症を正しく理解できていないと関係も悪化してしまいます。

 

本人に対して苛立ったり、過剰な期待をかけてしまう事や介護を諦めたりすると、認知症の方は今まで住み慣れた地域で生活することが困難になってしまうでしょう。

 

また、物忘れと認知症を混同している方は非常に多く、この2つは明確な違いがあるので判断基準を知っておく事をおすすめします。

 

物忘れと認知症の違い

物忘れと認知症の明確な違い

 

ルテインサプリメントランキング

物忘れと認知症というのは症状が似ているのですが、実は明確な違いがあります。

 

たまにある物忘れは単純に加齢が原因であり、食べたメニューを思い出せないといったケースです。

 

この場合、食事をしたこと自体はちゃんと覚えていますが、何を食べたのかを思い出せないだけでしばらくすると思い出すでしょう。

 

これに対し認知症の場合、脳の病気が原因で起きているので食事をしたこと自体を覚えていないのです。

 

よくあるケースが食事をした10分後などに「ご飯はまだ?」と言って食事をした記憶が抜け落ちてしまいます。

 

記憶の帯の中で一部の記憶が抜け落ち、全くと言っていいほど覚えていない状態です。

 

以下の比較表をご覧いただければ物忘れと認知症の違いが一目でわかります。

比較項目

加齢によるもの

認知症によるもの

体験したことについて

体験の一部を忘れてしまう 体験した事自体を忘れてしまう

記憶について

新しい出来事を記憶できる 新しい出来事を記憶できない

思い出すきっかけ

ヒントを与えられると思いだす ヒントが与えられても思い出せない

時間と場所の認識

時間と場所を正しく認識 時間と場所の認識が混乱する

日常生活への支障

日常生活に支障は無い 日常生活に支障をきたす

これらの比較で分かる通り、物忘れは思い出す事が出来ますが、認知症は記憶ができないので思い出す事すらできません。

 

やはり原因が加齢によるものと病気によるものでは、日常生活に支障をきたします。

 

また過去の体験の一部が無くなってしまうので、いくらヒントがあっても「体験していない」事になってしまうのです。

 

認知症はこれまでの人生経験を失ってしまう事になるので、早めに発見して対処していくのが欠かせません。

 

認知症の症状

認知症で起きる症状

 

ルテインサプリメントランキング

認知症で起きる症状は主に周辺症状と中核症状と呼ばれる物があります。

 

周辺症状とは認知症になっても常に出るとは限らない症状です。

 

たまに出る症状ですが、幻覚・妄想・睡眠障害・徘徊・異食・過食・鬱・不安などがあります。

 

もう片方の中核症状は認知症になったら誰でも出る症状の事です。

 

具体的には物忘れ・言葉が話せず理解できない・手足の麻痺が無いのに行為ができない・人の顔や道順が分からない・計画を立てられず実行できない・時間や場所がわからないといったものです。

 

認知症でよくある事を以下に纏めました。

  1. 記憶を保てる時間が短く、さっき発言したことを忘れたり、具体的な内容および行為があった事自体を忘れてしまう。

    ※食事の食べ忘れではなく、食べたこと自体を忘れてしまい食べていないと言い張る。

  2. 時間・場所・人に関する記憶(これらを見当識と言う)が曖昧になってしまい、日付がハッキリわからなくなったり、昨日今日の感覚が曖昧になったり、いつも歩く道で迷子になったりする。

     

    さらには自宅で過ごしているにも関わらず、「家に帰る」といった発言が出てくる。

  3. 人の名前を忘れたり間違える事が多くなり、家族なのに友達と間違えたり、孫を他人と勘違いしてしまう。
  4. 物忘れをしているという自覚が無くなる。
  5. 自分の意志を明確に伝える事が困難となり、言い間違いが増えて言葉によるコミュニケーションが難しくなって最後は話さなくなってしまう。
  6. 服を着る事ができなくなる、鍵を開ける事ができない、排泄の処理ができない、等の日常生活の当り前が出来なくなってしまう。
  7. 今見ている物が何なのか?を認識できなくなってしまう。
  8. 財布や通帳などのしまった物が見つからない。

これらの症状が人によって程度の差があるものの、共通して起きています。

 

また、性格的にも変化が起こり、風呂に入るのを嫌がったり、着替えを行うのを面倒くさがったり、物事に無関心になってしまうケースも見られます。

 

さらに人によっては元の執着心や疑い深さ、嫉妬心といった性格が強くなって表に出てきてしまってトラブルを起こしやすくなったりもします。

 

しかし、これらの出来事は辛い事や嫌な事を忘れ、これまでの人生において良い経験をしてきた場所に自分を置いて、前に進もうとする自己防衛が働いている状態なのです。

 

これらの行為が問題行動・迷惑行為と見なされるケースもあるので、認知症を理解して付き合うのが大事と言えます。

 

認知症による問題行動

認知症によって起きうる問題行動

 

認知症によって起こす問題行動は様々ですが、周囲の方が寄り添ってあげる事で治まって行きます。

 

ルテインサプリ

まずは物盗られ妄想ですが、以前は置いていた場所を覚えていたのを記憶が無くなった事によって探し物が見つからない場合、誰かに盗まれたと騒ぐケースがあります。

 

これは「物盗られ妄想」をするようになり、家族や周囲の人を疑ってしまいます。

 

記憶が抜け落ちているので、どこに置いていたのか?が分からなくなって盗まれたと勘違いを起こします。

 

この場合、「一緒に探してあげるね」という歩み寄りが一番良いでしょう。

 

次に被害妄想ですが、ある日突然「誰かに悪口を言われている」と言いだしたり、私を陥れようとしているという思い込みが強くなります。

 

こうなると他人への警戒心が強くなり、場合によっては攻撃的になりかねません。

 

そこで、話を聞きながら「大丈夫だよ」と理解を示しながら、優しくなだめてあげてください。

 

次に徘徊ですが、目的もなく周辺をうろついたり迷子になったりします。

 

ルテイン

ある日いきなり外に出て行って、何となく道を歩いていくという事をするのですが、予想外の場所まで歩いていく事があります。

 

たまに周囲の人に声をかけられ、認知症の人が徘徊していたというケースがあります。

 

次に興奮ですが、家族や誰かに何かを言われた場合で気に入らないと大声で泣きわめきます。

 

子供の様に駄々をこねるかのように泣き叫び、八つ当たりをするように暴れる事もあります。

 

こういった事が起きないように、できるだけきちんと話し合いをする態度で向き合うのが良いです。

 

最後に夜間せん妄ですが、夜に眠れなくて朦朧とした意識のまま、幻聴を見て大騒ぎをするケースがあります。

 

昼間は普通に過ごしているのですが、夜になると何かブツブツと独り言を言うようになり、家の中をウロウロし始めたりします。

 

夜間せん妄は軽度のパニック障害であり、夜になって暗くなる事で恐怖心や不安が大きくなるといった背景があります。

 

この場合、出来るだけ早く病院へ行って医師に相談するのが良いでしょう。

 

認知症になる原因

認知症の原因は複数のタイプに分かれます

 

認知症は色んなタイプの物があり、それぞれに原因が違ってきます。

 

認知症の原因として以下のケースに分類されます。

  • アルツハイマー型認知症
  • 脳血管性認知症
  • レビー小体型認知症
  • 前頭側頭型認知症

これらの原因があるのですが、1つずつ解説していきます。

 

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症の特徴

 

アルツハイマーによって起きる認知症は、全体の50%を占めています。

 

アルツハイマーは脳の神経細胞にタンパク質のゴミが溜まっていき細胞が破壊されます。その結果、脳が委縮する病気となるのです。

 

脳の神経細胞が減って脳が小さく縮んでしまった場合、委縮の程度によって認知症の様々な症状が出てきます。

 

症状の例として、少し前の出来事を忘れる・同じことを何度も言う・帰り道がわからなくなる・同じ物を何度も買ってくる等があげられます。

 

特に65歳以降に発症しやすく、始めは軽い物忘れから始まりますが、症状が進行していくと記憶障害が起き始めます。

 

先ほど「認知症の症状」で紹介した出来事が起こり、日を増すごとに症状が増えていきます。

 

脳血管性認知症

脳血管性認知症の特徴

 

脳血管性認知症は、脳梗塞・脳出血・脳動脈硬化などのために脳の血管が詰まったり破れたりする事で起こります。

 

脳卒中によって血管が破れた部位の脳の働きが悪化し、血流が途絶えて脳細胞が死滅していくのです。

 

そして神経のネットワークが壊れ、意欲が低下したり、複雑な作業ができなくなる症状が出てきます。

 

特に記憶を保てる時間が短くなり、ついさっき言った事や行った事を忘れたり、今まであっていた人の顔すら忘れてしまいます。

 

症状の進行酷くなると、歩行困難や言語障害などが発生します。

 

加齢による生理的な老化よりも激しい物忘れが起きたり、感情の起伏も激しくなってコントロールが効かなくなるケースもあります。

 

しかし、本人は病気であるという認識はあるのでアルツハイマーと区別はできます。

 

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症の特徴

 

レビー小体型認知症は特に高齢者に起きやすい症状で、全体の20%ほどを占めています。

 

パーキンソン病によってレビー小体と呼ばれる異常なタンパク質が、大脳皮質に溜まってしまう事で起きます。

 

主な症状としては、認知症とパーキンソン症状が出ます。パーキンソン症状とは、手足が震えたり、筋肉が硬くなる、体のバランスが悪くなる等です。

 

分かりやすい傾向として、意欲や注意力が低下し1日中何も考えずにボーっとして過ごしたり、寝てばかりといった状態です。

 

夕方になると、幻視や妄想が出やすくなり、側に子供が座っていたり、大きな蜘蛛が壁を動いているような物が見えると言いはじめます。

 

レビー小体型認知症は早期発見により投薬治療を行うと症状を抑えつつ過ごしていけるようになります。

 

ただし、抗パーキンソン病薬は精神状態を悪化させやすい傾向があるので、必ず経過を観察しながら医師に報告してください。

 

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症の特徴

 

前頭側頭型認知症は別名「ピック病」とも呼ばれています。

 

40代から60代にかけて発症しやすい若年性認知症でもあり、全体の10%程の割合を占めています。

 

原因としては、脳の前頭葉や側頭葉が徐々に小さく萎縮していく事によって様々な症状が引き起こされます。

 

今の医療科学でも明確な治療法は見つかっておらず、発症から10年ほどで衰弱死してしまうケースが多く見られます。

 

前頭側頭型認知症になった場合、温厚だった人が急に怒りっぽくなったり、物事に無関心になったりと今までとは考えられないような変貌が起きます。

 

中には万引きを行ったり、同じことを同じ時間に反復していくといった異常行動も目に付くようになります。

 

特に40代から起こる傾向がありますが、アルツハイマーで起きる見当識の欠如などは見られません。

 

認知症の予防方法

認知症の予防に欠かせない事

 

ルテインサプリ

認知症の予防は日常生活でも行える物が多くあります。脳を刺激して活性化させる事で機能低下を防ぐ事が可能です。

 

大脳の働きには日常生活を送る中で欠かせない機能がたくさんあり、高齢期を迎えると体の衰え等から外出の機会が減り、生活が単調になりがちです。

 

日常生活において脳に与える刺激が少なくなると、下記の機能を使わず生活を送るようになり認知症になりやすくなってしまいます。

 

眼球運動・空間認識・言語・記憶・意志・意欲・視覚・読み書き・計算・運動などの機能です。

 

機能の衰えが進むと使わない機能は使えない機能となり、認知症を発症してしまいます。

 

年齢を重ねることで必ずしも認知症を発症するということではありませんが、できるだけ脳の多くの場所を使うようにして脳に刺激を与える事が大事です。

 

そこで以下の生活習慣の改善が欠かせません。

  • 運動習慣を身に付ける
  • 日常生活で脳を刺激する
  • 食生活の改善

まず運動習慣ですが、適度な運動を行う事によって脳に刺激を与えて老化を予防します。

 

ルテインサプリメント

よく言われている毎日30分程度のウォーキングなどで充分ですが、腕をしっかり振って歩くと効果的です。

 

また、ただただ体を動かすだけではなく快適な気温の中で行い、道端の花や景色を見て楽しんだりながら歩くと脳が刺激されます。

 

他にも好きな音楽を口ずさみながらなど、楽しみなが自分のペースでら運動することが、さらに脳によい刺激を与えます。

 

年齢に合わせて歩く距離やペースを調整していくと良いでしょう。疲れすぎない程度の軽い運動で構いません。

 

次に日常生活で脳を刺激する事を行うのですが、これは自宅に閉じこもって外に出ないと脳が刺激をうけなくなってしまいます。

 

そこでおすすめなのが趣味を新たに持つ事です。趣味だと楽しみながら行えるので、長続きさせる事が出来るようになります。

 

例えば新聞を読むときに声に出してみる・毎日の出来事を日記に付ける・脳トレのドリルをやってみる・ラジオを聞いて想像してみるなどなど。

 

自宅でも出先でも出来るような物だとなお良いでしょう。趣味の中でもおすすめできるのは麻雀です。

 

ルテインサプリ

実は今、麻雀を認知症予防で行う方が増えているのです。麻雀は脳を非常に使う遊びで4人で行うので他の方とのコミュニケーションも取りながら楽しめます。

 

麻雀以外にもトランプやウノといったカードゲームも脳を使うので、複数の人で楽しみながら趣味として楽しめます。

 

そして食生活の改善ですが、認知症予防に良いとされている食材ばかりを食べていると、バランスが偏ってしまいます。

 

予防のために食材を摂取する事は欠かせませんが、他の栄養素もバランスよく取らなければ別の病気にかかってしまう恐れが出てきます。

 

特に認知症の予防にはルテインが効果的ですが、多く含んでいる緑黄色野菜だけでなく他の食材も食べてください。。

 

ルテインを摂取する事で認知症を予防し、健康な日々を長く過ごせるようにしましょう。

 

ルテインがもたらす効果

ルテインがもたらす認知症の予防効果

 

ルテインと言えば目の病気に対して有効な成分として世間で認知されていますが、実は認知症に対しても予防効果があるのです。

 

特にアルツハイマーで起こる認知症に対してルテインは有効で、研究によって有効であるとの結果が出ています。

 

ルテインは脳組織内にも一定量が存在しますが、脳細胞の劣化・老化を防ぎ、認知症などの脳の老化に起因する問題を数多く予防してくれます。

 

アルツハイマーのような症状は、赤血球の中に過酸化リン脂質の異常なほどの蓄積が確認できます。

 

これは赤血球が老化している事を示しており、老化した状態の赤血球だと脳細胞へ送る酸素や栄養素の量が減ってしまいます。

 

そこでルテインを摂取する事によって赤血球の中に含まれるルテイン量を増やし、脳への酸素や栄養の補給をしっかりと行えるようになります。

 

ルテインサプリ

ルテインが持っている抗酸化作用によって赤血球の老化を抑制し、正常な状態を保つことが出来るようになります。

 

認知症の大きな原因となっているアルツハイマーの予防を行う事で健康な状態を維持する事が可能となります。

 

ただ、ルテインを含む緑黄色野菜ばかり食べていても食事のバリエーションは少なくなってしまいます。

 

食事の補助としてルテインを摂取できるサプリメントを取り入れるのをおすすめします。

 

サプリメントなら食後に水で飲むだけという手軽さなので、飲みたいタイミングでも構いません。

 

さらには持ち運びも簡単ですし、ルテインを毎日摂取する事によってアルツハイマーを予防し認知症も防いでくれます。

 

楽しい毎日を過ごすためにもルテインを摂取していきましょう。

 

>>おすすめのルテインサプリはこちら