ルテインを多く含む食べ物で目の保護機能を高める

ルテインを多く含む食べ物を摂取して目のバリア機能を高めましょう

 

ルテインは目を守るために欠かせない成分で、水晶体・角膜・網膜といった目の重要な機能を保護するバリア機能を持っています。

 

外部から目に入ってくる光には紫外線やブルーライトといった有害なものがあります。これらの光から目を守る働きをするのがルテインなのです。

 

ルテインは紫外線やブルーライトを吸収する働きを持っており、目の健康維持に重要な役割を担っています。

 

しかしルテインは体内で作り出す事ができず、外部から補給していくしか方法が無いのです。

 

体内でルテインが不足すると、目の保護機能が低下して各部位がダメージを受けます。

 

そして目の病気が発生しやすくなってしまいます。

 

そこで今回はルテインを補給するために欠かせない食品と含有量、さらには調理した食べ物についてご紹介していきます。

 

目の健康を守り続けるためにご参考ください。

 

 

ルテインが目を守る為に欠かせない理由

ルテインが目を守る為に欠かせない成分である理由

 

ルテインは目の病気を防ぐために注目され始めています。これは医学界でも検証されており科学的に証明されています。

 

ルテインが何故目の病気を予防するのに役立つか?これはルテインが強力な抗酸化作用を持っているからです。

 

目の病気の大きな原因は紫外線やブルーライトが目に入ってきて発生する活性酸素が起こしているのです。

 

 

活性酸素は病気の9割の原因であるとも言われており、目だけではなく体中に発生し癌・糖尿病・アトピーと様々な症状を起こしています。

活性酸素で起こる病気の詳細は「日本抗酸化」のHPにて確認できます。

詳細はこちら⇒活性酸素が原因でおこる病気

上記サイトでも記されているように、目の病気の原因である活性酸素を除去するためにルテインが必要なのです。

 

そして1日に必要とされるルテインの量は6〜10mgです。

 

この量を毎日補給する事で目のトラブルを予防する事が出来るようになります。水晶体・角膜・網膜などに十分な量のルテインがある事でバリア機能を維持できます。

 

ただし外傷による原因についてはルテインは関係していませんのでご理解ください。

 

ルテインを多く含む食材

ルテインを多く含んでいる食材は何?

 

実際にルテインを補給する場合、殆どが食事による摂取となります。

 

そこでルテインを多く含む食材を選び、1日6〜10mgの摂取を継続していく事が望ましいのです。

 

以下にルテインを多く含む食材と、100gあたりのルテイン含有量をまとめました。

食材名

100gあたりのルテイン含有量

ほうれん草

10.2mg

ブロッコリー

1.9mg

レタス

1.8mg

グリーンピース

1.7mg

カボチャ

1.2mg

パセリ

10.1mg

とうもろこし

0.78mg

芽キャベツ

1.3mg

これらの食材を実際に比較してみると、ほうれん草とパセリのルテイン含有量が圧倒的に高いのが分かります。

 

1日100gの摂取でルテインが10mg摂取できます。なので毎日ほうれん草もしくはパセリを食べる事でルテインを確実に補給する事が出来るようになり、目の保護機能を維持できます。

 

おすすめのルテイン食材レシピ

ルテインを多く含むほうれん草の料理を1品ご紹介いたします。

 

実際に調理を行う際の参考にしていただければと思います。

 

ほうれん草とチーズのオムレツ

用意する材料は以下となります。

  • 卵 3個
  • ほうれん草 1束
  • 玉ねぎ 1/4個
  • プロセスチーズ 30g
  • 牛乳 大2 塩こしょう 適量 バター 15g

調理の手順は以下となります。

 

1. ほうれん草は軽く茹でるだけでOKです。サイズは食べやすい大きさに切ると良いでしょう。

 

玉ねぎは荒みじん切りにして、プロセスチーズは1cm角に切っておいてください。

 

2. ボウルに卵を割って、牛乳・塩こしょうを入れて混ぜてください。

 

3. フライパンを温めてバターを入れて熱した後、玉ねぎの色が透明になるまで炒め、ほうれん草を入れてサっと炒めてください。

 

2の卵を入れて大きくかき混ぜましょう。1で用意したプロセスチーズを散らしてフライパンに蓋をして5分ほど弱火で焼いてください。

 

4. 最後に蓋を開けてオムレツを半分に折り畳んで形を整えましょう。皿に盛り付けてケチャップをかけて完成です。

 

アイデア次第で様々な料理に使えるほうれん草。煮て焼いて良しの食材ですのでバリエーションを増やしながら楽しんでいきましょう。

 

ルテインを効率よく摂取する方法

ルテインを効率よく摂取する方法があります

 

ルテインの摂取は主に食事となります。上記のレシピなどを参考にしていただき、バリエーションを楽しむのも方法の1つです。

 

そして、ほうれん草とパセリを毎日食べる事で目を守る事が出来るようになりますが、毎日同じものを食べ続けるというのも飽きが来るものです。

 

やはり飽きと言うのは絶対来るもので、他の物も食べたくなってしまいますよね?

 

でもそうなるとルテインの補給が出来なくなってしまう…と心配になってしまいます。でも大丈夫です、ルテインを補給する方法は食事以外にもう1つあるんです。

 

それはルテインサプリメントで補給すればよいのです。サプリメントなら水で飲むだけなので簡単にルテインを補給する事が出来るようになります。

 

またサプリメントのメリットはルテインだけではなく、目にとって有効な成分であるアントシアニンとゼアキサンチンや各種ビタミン類も同時に摂取できる事なのです。

 

食材でこれらの成分を摂取するとなると食材を毎回揃えなくてはなりませんし、費用も高くなってしまいます。

 

サプリメントであれば1か月分で4000円前後で有効成分が摂取できて費用も安く効率的です。食事の補助としてサプリメントを摂取するだけなので手軽なんです。

 

また外部への持ち運びもできるので、外泊時や外食後でもすぐにルテインを摂取する事が可能です。こういった方法で毎日確実にルテインを10mg摂取できます。

 

もしも効率的にルテインを摂取したい場合、サプリメントという方法もあるのでご参考ください。

 

以下におすすめのルテインサプリメントを紹介させていただきます。そして目の健康を守り、すっきした視界で毎日を楽しんでいきましょう!

ルテインが目を守るために欠かせない理由

ルテインが目を守るために欠かせない理由

 

ルテインは目の病気を防ぐため注目されています。

 

これは医学界でも検証されており科学的に証明されています。

 

ルテインがなぜ目の病気を予防するのに役立つか?

 

これはルテインが強力な抗酸化作用を持っているからです。

 

目の病気の大きな原因は紫外線やブルーライトが目に入ってきて発生する活性酸素が原因です。

 

 

活性酸素は病気の9割の原因であるとも言われており、目だけではなく体中に発生し癌・糖尿病・アトピーと様々な症状を起こしています。

活性酸素で起こる病気の詳細は「日本抗酸化」のHPにて確認できます。

詳細はこちら⇒活性酸素が原因でおこる病気

上記サイトでも記されているように、目の病気の原因である活性酸素を除去するためにルテインが必要なのです。

 

そして1日に必要とされるルテインの量は6〜10mgです。

 

この量を毎日補給する事で目のトラブル予防に役立ちます。

 

水晶体・角膜・網膜などに十分な量のルテインがある事でバリア機能を維持できます。

 

ただし外傷による原因についてはルテインは関係していませんのでご理解ください。

 

ルテインを多く含む食材

ルテインを多く含んでいる食材は何?

 

実際にルテインを補給する場合、ほとんどが食事による摂取となります。

 

そこでルテインを多く含む食材を選び、1日6〜10mgの摂取を継続していく事が望ましいのです。

 

以下にルテインを多く含む食材と、100gあたりのルテイン含有量をまとめました。

食材名

100gあたりのルテイン含有量

ほうれん草

10.2mg

ブロッコリー

1.9mg

レタス

1.8mg

グリーンピース

1.7mg

カボチャ

1.2mg

パセリ

10.1mg

とうもろこし

0.78mg

芽キャベツ

1.3mg

これらの食材を実際に比較してみると、ほうれん草とパセリのルテイン含有量が圧倒的に高いのが分かります。

 

1日100gの摂取でルテインが10mg摂取できます。

 

なので毎日ほうれん草もしくはパセリを食べる事でルテインを確実に補給する事ができるようになり、目の保護機能を維持できます。

 

おすすめのルテイン食材レシピ

ルテインを多く含むほうれん草の料理を1品ご紹介いたします。

 

実際に調理を行う際の参考にしていただければと思います。

 

ほうれん草とチーズのオムレツ

用意する材料は以下となります。

  • 卵 3個
  • ほうれん草 1束
  • 玉ねぎ 1/4個
  • プロセスチーズ 30g
  • 牛乳 大2 塩こしょう 適量 バター 15g

調理の手順は以下となります。

 

1. ほうれん草は軽く茹でるだけでOKです。サイズは食べやすい大きさに切ると良いでしょう。

 

玉ねぎは荒みじん切りにして、プロセスチーズは1cm角に切っておいてください。

 

2. ボウルに卵を割って、牛乳・塩こしょうを入れて混ぜてください。

 

3. フライパンを温めてバターを入れて熱した後、玉ねぎの色が透明になるまで炒め、ほうれん草を入れてサっと炒めてください。

 

2の卵を入れて大きくかき混ぜましょう。1で用意したプロセスチーズを散らしてフライパンに蓋をして5分ほど弱火で焼いてください。

 

4. 最後に蓋を開けてオムレツを半分に折り畳んで形を整えましょう。皿に盛り付けてケチャップをかけて完成です。

 

アイデア次第で様々な料理に使えるほうれん草。煮て焼いて良しの食材ですのでバリエーションを増やしながら楽しんでいきましょう。

 

ルテインを効率よく摂取する方法

ルテインを効率よく摂取する方法があります

 

ルテインの摂取は主に食事となります。上記のレシピなどを参考にしていただき、バリエーションを楽しむのも方法の1つです。

 

そして、ほうれん草とパセリを毎日食べる事で目を守る事ができるようになりますが、毎日同じものを食べ続けるというのも飽きが来るものです。

 

どうしても、他の物も食べたくなってしまいますよね?

 

でもそうなるとルテインの補給が出来なくなってしまう…と心配になってしまいます。でも大丈夫です、ルテインを補給する方法は食事以外にもう1つあるんです。

 

それはルテインサプリメントで補給すればよいのです。

 

サプリメントなら水で飲むだけなので簡単にルテインを補給する事ができるようになります。

 

またサプリメントのメリットはルテインだけではなく、目にとって有効な成分であるアントシアニンとゼアキサンチンや各種ビタミン類も同時に摂取できる事なのです。

 

食材でこれらの成分を摂取するとなると食材を毎回揃えなくてはなりませんし、費用も高くなってしまいます。

 

サプリメントであれば1か月分で4000円前後で有効成分が摂取できて費用も安く効率的です。食事の補助としてサプリメントを摂取するだけなので手軽なんです。

 

また外部への持ち運びもできるので、外泊時や外食後でもすぐにルテインを摂取する事が可能です。

 

こういった方法で毎日確実にルテインを10mg摂取できます。

 

もしも効率的にルテインを摂取したい場合、サプリメントという方法もあるのでご参考ください。

 

以下におすすめのルテインサプリメントを紹介させていただきます。そして目の健康を守り、すっきりした視界で毎日を楽しんでいきましょう!

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴

ルテインサプリメントランキング

売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!
> マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合 【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴

ルテインサプリメントランキング

4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!

<<4種の果実の特徴>>
  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)