ルテインが加齢黄斑変性に効く理由

ルテインが加齢黄斑変性に効く理由は科学的に証明されている

 

ルテインサプリメントランキング

ルテインは様々な目の病気に効果があると言われていますが、これは本当の事です。

 

そして加齢黄斑変性の予防や改善にも効果が確認されています。これはアメリカの実験で証明されています。

 

そんなルテインが加齢黄斑変性に対して効果があるのか?という事をご紹介していきます。

 

まずは加齢黄斑変性について深く理解する事から始めていきましょう。

 

そしてルテインがもたらす効果についても理解する事が出来るようになります。

 

加齢黄斑変性を知る

加齢黄斑変性について知っておくべき事

 

ルテインサプリメントランキング

加齢黄斑変性は頭文字をとってAMDと呼ばれる事が多い疾患です。

 

現在の加齢黄斑変性を発症している患者数は、全世界で2900万人以上と推定されています。

 

また日本人では高齢者の50人から100人に1人程度に見られる疾患であり、治療を行ったにも関わらず急速に視力低下を起こしてしまうケースもあります。

 

そのため早期で起きる加齢黄斑変性から後期加齢黄斑変性への進行を予防することが大切なのです。

 

加齢黄斑変性は、網膜にある黄斑と呼ばれる部位に異常な老化現象が起こる事で視機能(視力および視野)が低下する病気です。

 

※網膜はカメラで言うフィルムにあたる組織の事です。

 

加齢黄斑変性は黄斑の変性によって視力低下・中心暗点・歪視・コントラスト低下などの自覚症状をおこします。

 

黄斑は網膜のほぼ中心にあり、他の部位の網膜と比較しても視機能が優れており、対象物を見る際に重要となる部位です。

 

例えば新聞を読む際、読み取る文字は常に視野の中央にある黄斑で読み込まれ、そこから少しでも外にある文字は読みづらくなってしまいます。

 

ルテインサプリメントランキング

また、黄斑の中心にある直径0.2〜0.35にあたる中心窩(ちゅうしんか)と呼ばれる部位は特に視機能が鋭敏です。

 

視力検査で言われる視力と言うのは中心窩の視力の事を指しており、眼底で起こる病気の治療は中心窩の機能回復をどれだけ回復および維持できるかがポイントとなります。

 

加齢黄斑変性はそのまま放っておくと、症状がどんどん進行していきます。

 

できるだけ良い眼の状態を維持するために早期発見および早期治療が非常に大切です。

 

初期には症状に気が付かないことがあります。目に異常を感じていなくても、定期的に眼科を受診するようにしてください。

 

加齢黄斑変性の症状

加齢黄斑変性の症状はおおまかに4種類あります

 

加齢黄斑変性で起きる症状、つまり視界の見え方は以下に分かれます。

 

 

  1. 変視症⇒対象となる物の中心が歪んで見えてしまう
  2.  

    ルテインサプリメントランキング

    中心部がなんとなく、グニャリとゆがんで見えます。直線や、規則正しく並んでいるタイルなど見るとゆがんで見えるので、分かりやすいでしょう。

     

     

  3. 中心暗点⇒対象となる物の中心が暗く見えてしまう
  4. ルテインサプリメントランキング

    物を見ようとすると、真ん中がぼやけたり、暗くなったりしてよく見えなくなります。字を読もうとすると、真ん中に来る字が読みにくくなります。

     

     

  5. 中心がボヤける⇒対象となる物の中心がボヤけて見える
  6. ルテインサプリメントランキング

    対象の中心がぼかしを入れたかのようにボヤけて見える。

     

     

  7. 色覚障害⇒対象となる物の中心が不鮮明に見えてしまう

    ルテインサプリメントランキング

    加齢黄斑変性が進行すると、色も見分けられなくなり、黒、灰色、白にしか見えなくなります。

加齢黄斑変性が起きる原因

加齢黄斑変性が起きる原因として考えられる事

 

加齢黄斑変性が起きる原因とされているのは加齢・喫煙・太陽光・食事・遺伝です。

 

また、加齢黄斑変性の危険因子のうち50歳以上の年齢・遺伝・性差・皮膚の色・民族などは自分では修正できない因子でもあります。

 

環境因子として考えられる物はは喫煙・心疾患・アルコール消費量・日光曝露量・栄養などがあります。

 

栄養は重要な因子でもあり、加齢黄斑変性の危険の低減に関与している栄養素として抗酸化ビタミン・微量ミネラル・多価不飽和脂肪酸・カロテノイドなどが重要とされているのです。

 

加齢黄斑変性の種類

加齢黄斑変性の種類は2つある

 

加齢黄斑変性には大きく分けて2種類が存在します。

  1. 萎縮型(いしゅくがた)
  2. 滲出型(しんしゅつがた)

ではこの2種類の加齢黄斑変性について解説します。

 

1つ目の萎縮型ですが、非滲出型(ひしんしゅつがた)とも呼ばれています。

 

世界中の加齢黄斑変性患者の約90%(2600万人)が萎縮型加齢黄斑変性である。

 

萎縮型は黄斑の加齢変化が病的に進んだ状態であり、進行は比較的穏やかである事が特徴です。

 

また高度の視力障害は起こらないため、この時期では積極的な回復治療は行わない事が殆どです。

 

しかし、症状が進行すると滲出型になってしまい、高度な視力障害を引き起こします。

 

このため、定期的な健診を行って進行状況を確認する必要があります。

 

2つ目の滲出型ですが、欧米とは逆に「滲出型」が日本では最も多く、発症者全体の92%を占めています。

 

滲出型は黄斑の加齢変化が高度に進行している状態を指しています。

 

脈絡膜から病的な新しい血管が発生し、網膜の方に向かって伸びていきます。

 

この新しい血管を「新生血管」と呼びますが、これが滲出型の原因です。

 

新生血管の血管壁は非常に脆く、血液成分が漏れだして黄斑の視細胞を破壊して視力障害を引き起こしてしまうのです。

 

そのため、対策としては始めに新生血管の発生状況を知る事が重要となります。

 

加齢黄斑変性の検査方法

加齢黄斑変性の検査方法は2種類あります

 

ルテインサプリメントランキング

1つ目は光干渉断層計(OCT)を使用した方法です。

 

OCTは(OpticalCoherenceTomography)の頭文字の略になり、光干渉断層撮影という意味です。

 

OCTを使用して眼底部をスキャンし、2次元画像で患部を確認する事が出来るようになります。

 

網膜やその下の新生血管などの状態を明確に確認できるようになるのが特徴です。

 

OCTでの検査は黄斑変性の早期発見ができます。

 

また、光の干渉性を利用して眼底部の構造を高分解能および高速で撮影する技術になります。

 

近赤外線を照射して非接触及び非浸食で撮影するので被ばくの心配は一切ありません。

 

安全性も高く精度の高い検査となります。ちなみにOCTが有用な疾患も併せてご覧ください。

OCTが有用な疾患一覧

  • 加齢黄斑変性症
  • 黄斑円孔
  • 黄斑上膜
  • 黄斑浮腫
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性黄斑症
  • 網膜静脈閉塞症
  • 網膜前膜
  • 中心性漿液性脈絡網膜症

 

2つ目の検査方法であるアムスラーチャートは自宅でも行える方法です。

 

自己チェックの方法は日ごろ、片目を手でふさいで物を見る際に見え方に異常がないかどうかで判断できるので、このページを見ながら行えるのでチェックしてみてください。

 

アムスラーチャートは碁盤の目のような図を見てもらい、格子のゆがみを調べる検査です。

 

以下の図を使用して行います。

 

ルテインサプリメントランキング

 

チェック方法ですが、チャートの中央にある大きな黒い点を見つめるだけのシンプルなものです。

 

必ずチャートから30cmの距離を取った状態で行うようにしてください。

 

その際、必ず片目を閉じた状態で左右をそれぞれチェックするようにしてください。

 

これで、中心部を見た時にどんな感じで見えるのかで先ほど紹介した症状の判別が付きます。

 

もしチャートでチェックを行い、いずれかの症状が確認できた場合、すぐに病院へ行って相談するようにしてください。

 

加齢黄斑変性の治療方法

加齢黄斑変性の治療方法は複数あります

 

現在の医療技術を持ってしても、萎縮型の加齢黄斑変性に対する有効な治療方法は見つかっていません。

 

しかし医療先進国であるアメリカでは、日々改善の為の臨床試験が行われています。

 

いずれ完全に治すための方法が確立される日が来るかもしれませんが、現在は進行を抑制する事が治療のメインです。

 

加齢黄斑変性を病院で治療する場合、以下の複数の方法を症状の進行度によって選ばれます。

 

1つ目は薬物投与による治療となります。

 

薬物投与による治療の目的として、脈絡膜新生血管の拡大を抑えて退縮させる事により視力の維持および改善する事です。

 

場合によっては視力が良くなる事もありますが、視力自体が正常に戻るといったケースは殆どないのが現状です。

 

※脈絡膜新生血管が発生する理由として血管内皮増殖因子(VEGF)が関係していると考えられており、VEGFを阻害する事によって脈絡膜新生血管を退縮させる治療法です。

 

この10年あまり様々な治療法が施行されてきた中、抗VEGF製剤の硝子体注射が多用されている方法となります。

 

2つ目は光線力学的療法と呼ばれる治療法です。

 

光線力学的療法で行うのは、ビスダインと呼ばれる光感受性物質を点滴し、その後に非常に弱い出力の専用レーザーを病変に照射する治療法です。

 

治療を行う前に造影検査を行い、脈絡膜新生血管などの病変を確認し、病変のサイズに応じてレーザーの照射範囲を決めてから行います。

 

光線力学的療法による治療後48時間は強い光が目に触れる事を注意しなければならず、もし48時間以内に触れてしまうと光過敏症などの合併症が起きる可能性があります。

 

3つ目はレーザー凝固による治療法です。

 

レーザー凝固による治療法は、脈絡膜新生血管が黄斑の中心から離れた場所にある場合に行います。

 

患部に強力なレーザー光線を使用して病変を凝固させて破壊する手法となります。

 

もし病変が黄斑の中心部に及んでいる場合、レーザー光線を使用して凝固すると黄斑も障害される事となり、著しい視力低下に繋がってしまう可能性が高くなります。

 

そのため、現在ではレーザー光線による治療はリスクが高いので、レーザー凝固を行う事は殆どありません。

加齢黄斑変性の予防方法

加齢黄斑変性を予防するための方法

 

加齢黄斑変性を予防するために行うべき方法が幾つかあります。

 

まず1つ目は禁煙です。

 

喫煙をしている人は非喫煙者と比較して、加齢黄斑変性が起きる危険性が高くなっているのが現状です。

 

そこで禁煙をすることによって加齢黄斑変性の予防に繋がりますが、これは加齢黄斑変性だけでなく多くの病気の予防のためにもやっておくべきです。

 

喫煙で摂取するニコチンなどの有害物質が血管を通じて体の各所に悪影響を与えるので、速やかに禁煙をおすすめいたします。

 

2つ目はサプリメントの摂取による予防です。

 

アメリカの研究によって加齢黄斑変性の予防に有効な成分が判明しています。

 

それはビタミンC・ビタミンE・βカロチン・亜鉛といった成分ですが、サプリメントを飲むする事によって1日の必要な栄養成分をまとめて摂取できます。

 

サプリメントの摂取によって加齢黄斑変性の発祥が少なくなりますが、完全に抑える事はできないというのを理解しておいてください。

 

サプリメント加齢黄斑変性の予防に勧めていますが、既に加齢黄斑変性が発症した人にもサプリメントの摂取を強く勧めるられます。

 

3つ目は食事内容の改善による予防です。

 

食事は健康の基本であり、加齢黄斑変性を予防する栄養素を摂取するためにも欠かせません。

 

2つ目の予防法であるサプリメントは栄養素を補助する目的で摂取するので、あくまでもメインは食事と理解しておいてください。

 

加齢黄斑変性に対する栄養素が多く摂取できる食材は緑黄色野菜です。

 

肉食中心の食事の場合、栄養素が偏ってしまい緑黄色野菜に対して有効な成分が摂取しにくいのです。

 

そこで野菜中心の食事に改善し、あわせて魚類も食べるようにしていくと加齢黄斑変性に有効な成分を摂取できるようになるでしょう。

 

加齢黄斑変性に有効な成分

加齢黄斑変性の予防や対策に有効な成分

 

加齢黄斑変性に有効な成分はビタミンC・ビタミンE・βカロチン・亜鉛などになります。

 

ビタミンCはコラーゲンを生成したり、免疫力を高めたり、抗ストレスホルモンの分泌、体内の酸化防止などの効果を持っています。

 

水に溶けやすい性質を持っており、飲み物に良く含まれているのもそのためです。

 

またビタミンは体内で生成できない成分ですので、外部から取り入れる以外に方法はありません。

 

ビタミンEは抗酸化作用、細胞膜を守る作用、血行を正常化する作用を持っており、特に美容やアンチエイジングに人気のある成分です。

 

ビタミンEの名称は「α-トコフェロールをはじめとする8種類のビタミンE」をまとめた総称です。

 

不足した場合、細胞の劣化による老化のスピードが速くなったり、様々な体調不良の原因にもなります。

 

特に加齢黄斑変性のケースでは目の細胞が酸化しやすくなって症状を進行させる可能性もあるので十分な量を摂取しておきましょう。

 

βカロチンは緑黄色野菜に多く含まれるカロテノイドの1種です。特に強い抗酸化作用を持っており、ビタミンAに変換されたりもします。

 

色はオレンジや黄色と言った明るい色で、特にマリーゴールドに多く含まれています。

 

目の病気に対しても強い効果を持っており、黄斑変性症の予防にも必ず出てくる成分名です。

 

亜鉛はミネラル成分の1種で、鉄分の次に体内に存在するミネラルとなります。

 

亜鉛は代謝を行う際のエネルギーとなっており、酵素を作ったり維持する役目を担っています。

 

また免疫や細胞分裂にも関わっており、目の中の細胞を老化させないためにも欠かせない成分です。

 

これらの成分を黄斑変性症の予防に効果があるおか?をアメリカで実験された内容をご紹介します。
加齢黄斑変性に有効な成分

有効成分の検証実験

有効成分の検証実験が行われました

 

これは1980年代に、亜鉛や抗酸化物質といったサプリメントの摂取によって早期加齢黄斑変性から後期加齢黄斑変性への移行が予防できるのではないかと考えられ始めていたからです。

 

そして1986年にアメリカでサプリメントの効果を確認するための研究AREDS(Age-Related Eye Disease Study)が計画されて1992年に正式に開始され始めました。

 

実験は酸化亜鉛80mgおよび抗酸化物質としてビタミンCが500mg、ビタミンEが400IU、ベータカロテンが15mgが投与されています。

 

まず喫煙者はβカロテン摂取によって肺がんおよび心血管症のリスクが上昇するという事が判明し、1996年にAREDS参加者の中で喫煙者に対してはβカロテンの投薬中止またはβカロテン以外の物への変更が行われました。

 

実験に参加したのは3640人で

  1. 亜鉛投与群
  2. 抗酸化物質投与群
  3. 亜鉛及び抗酸化物質投与群

と以上の3グループに分け行われました。

 

そして後期加齢黄斑変性への進行が75〜80%程度に抑制できることが分かりました。

 

さらに後期加齢黄斑変性を萎縮型と滲出型とに分けて検討した結果、亜鉛および抗酸化物質摂取によって滲出型加齢黄斑変性への進行は抑制できる事が判明。

 

併せて萎縮型加齢黄斑変性への進行は抑制できないということも発表されたのです。

 

また、参加者からのアンケートによって普段の食生活でのルテイン及びゼアキサンチンといったカロテノイドや、ドコサヘキサエン酸(DHA)・エイコサペンタエン酸(EPA)といったオメガ3長鎖不飽和脂肪酸の摂取量を計算した結果、その摂取量と加齢黄斑変性の発症・進行との間に相関を認めることも証明されました。

 

しかし、この時代にルテインとゼアキサンチンの効果についての検証も行うべきであると考えられていましたが、当時はまだこれらのサプリメントは製品化されていなかったため行われる事は無かったのです。

 

ですが2006年にAREDS2として新たな実験と検証が開始されました。

 

内容はルテイン・ゼアキサンチンおよびAREDSで加齢黄斑変性の発症・進行に影響を与えると考えられたDHA・EPA による早期加齢黄斑変性から後期加齢黄斑変性への進行予防効果を検証するためです。

 

AREDS2では4203人の早期加齢黄斑変性患者が登録され、

  1. プラセボ投与群
  2. ルテイン10mgおよびゼアキサンチン2mg投与群
  3. DHA350mgおよびEPA650mg投与群
  4. ルテイン10mg・ゼアキサンチン2mg・DHA350mg・EPA650mg投与群

の4グループに分けられて実験による解析が行われました。

 

そして後期加齢黄斑変性への進行を比較したところ、プラセボ群・ ルテイン+ ゼアキサンチン群・DHA+EPA 群・ルテイン+ゼアキサンチン+DHA+EPA群の4グループ間に有意な差は認められませんでした。

 

しかし、ルテイン+ゼアキサンチンが含まれているグループと含まれていない群との比較において、ルテイン+ゼアキサンチンが後期加齢黄斑変性への進行を予防しているという結果が得られたのです。

 

さらにβカロテンの有無および亜鉛の投与量に関してですが、後期加齢黄斑変性への進行に影響を与えていないという結果が得られました。

 

これにより、現時点で推奨されるサプリメントとしてはビタミンC (500mg)・ビタミンE(400IU)・酸化亜鉛(25mg)・ルテイン(10mg)・ゼアキサンチン(2mg)が含まれている物が良いとなったのです。

ルテインサプリで加齢黄斑変性の予防

ルテインサプリを飲んで加齢黄斑変性を予防する

 

これまで加齢黄斑変性とルテインの関係を解説してきました。

 

先ほど記したアメリカの実験でルテインの加齢黄斑変性に対する予防効果は科学的に証明されています。

 

また予防の項目でサプリメントの摂取も紹介したのですが、何故サプリメントが良いのか?と思う事でしょう。

 

ルテインをサプリメントで摂取するメリットは、簡単に飲める事とルテインの効果を高める成分も同時に摂取できる事なんです。

 

ルテインを食事で摂取しようとすると、意外と食事内容が偏りがちになってしまうのです。緑黄色野菜ばかりだと飽きるかもしれません。

 

そこでサプリメントでルテインの摂取を補助する形で飲むと手軽で簡単に補給できるようになります。

 

またルテインを摂取して黄斑のある部位にまで栄養素を送り届けるには血の中を通っていくしか方法はありません。

 

血流を良くする成分がアントシアニンであり、ルテインサプリにも必ず含まれています。

 

有効成分のルテイン及びビタミン・亜鉛も同時に摂取する事で目の健康維持にも役立つのです。

 

ルテインサプリは主成分であるルテイン以外にも目の病気に対する有効成分がまとめて摂取できるので、加齢黄斑変性を初めとした病気にも有効と言えます。

 

加齢黄斑変性の予防や改善にはルテインサプリを飲んでみてください。

 

>>おすすめのルテインサプリはこちら