ドライアイ対策にルテインがおすすめできる理由

ドライアイ対策にルテインが良い理由は?

 

ドライアイと言えば目の不快感を感じる症状で、現代を代表する疾患の1つです。

 

何となく感じる目の渇きやかゆみといった不快感を伴う症状を自覚した場合、ドライアイの可能性が考えられます。

 

かつては空気が乾燥しやすい冬の時期によくなると言われていたのですが、スマホや空調機器の性能が高まった現代では四季に関係なく起こってしまいます。

 

眼の渇きを感じて目薬を何度さしてもすぐに目が乾いてしまう…そんな時は正しい治療と予防を行わなければ何度もドライアイに苦しめられてしまいます。

 

ドライアイの対策の1つとしておすすめしたいのがルテインの摂取です。目にとって様々な病気の予防効果を持っているルテインはドライアイに対しても有効だと眼科医も認めています。

 

そこで今回はドライアイの仕組みについて理解し、ルテインを用いつつ行える正しい予防と治療法を解説していきます。

 

以下の項目より記事内容をご参考ください。

 

 

涙の役割を知るとドライアイが理解できる

涙の役割を知る事でドライアイの理解が深まります

 

ドライアイについて知る前に、まず初めに涙の事を知っておく必要があります。

 

その理由ですが、涙について理解していなければドライアイの予防と改善するための方法への理解が浅くなるからです。

 

涙の事を知っておけばドライアイになる理由も明確に理解する事ができるようになります。以下より目と涙について解説します。

 

目の表面は常に水分で潤っており、その水分が目の保護を行っています。まばたきは目の表面に涙を浸透させる役割を持っています。

 

表面が水分で潤っていなければならない理由ですが、黒目の部分である角膜や白目の部分である結膜は粘膜で構成されています。

 

粘膜は常に水分を含んでいなければ機能しなくなるので、常に水分で潤される事によって湿潤性を保ち続ける必要があるのです。

 

その潤いをもたらす水分が涙です。涙が目の表面から少なくなるとトラブルが起き始めます。

 

涙は涙液とも呼ばれており、涙腺という器官から分泌されて目の表面をコーティングして外界から入ってくる乾燥・異物・細菌などから目を守っているのです。

 

目の表面に存在する涙は目を守る為に絶対に欠く事の出来ない物なのです。

 

ドライアイが起きる3つの原因

ドライアイは3つの原因によって起こる

 

ドライアイになって目に異常が起こる原因は主に3つあります。

 

1つ目は「涙の量の不足」です。

 

涙の量が少ない事で目の表面のコーティング機能が低下してしまいます。

 

シェーグレン症候群と呼ばれる状態になると涙が出にくくなってしまい、目だけではなく口の中も乾いてドライアイとドライマウスが起こりやすくなります。

 

特にシェーグレン症候群の場合は中年期以降の女性に起きやすい症状であり、放っておくと重度の障害に繋がる恐れがあります。

 

涙の量が少ない人がコンタクトレンズを装着すると乾燥しやすくなり、余計にドライアイになりやすい状況になってしまいます。

 

2つ目は「涙の蒸発量が多い事」です。

 

涙の蒸発する際の量が多いと目の表面の水分も減ってしまいます。

 

この蒸発が多くなる理由として、瞼がちゃんと閉じていない状態である事、瞼の縁から出る油分が少ない事です。

 

油分はマイボーム腺と呼ばれる部位から分泌されるのですが、油分の分泌量が少なくなり不足気味になると機能不全を起こして涙が蒸発しやすくなります。

 

3つ目は「内服薬の副作用によるもの」です。

 

何らかの病気の治療で処方された薬の中には眼の表面を乾燥させやすくなる副作用が出てしまう種類があります。

 

特に抗ヒスタミン剤であるベナドリルやジフェンヒドラミン、また抗鬱剤であるエラヴルやアミトリプチンはドライアイの原因になりうる目の渇きを起こしてしまうのです。

 

もしも、これらの薬を使用した際に目の渇きを感じる場合はすぐに医師に相談して薬を変更してもらうようにしてください。

 

涙の仕組みは3層から出来ている

涙は3層で構成されて目を守っている

 

涙は見た目では単なる水分にしか見えませんが、実は3層から成り立っているのです。

 

そして、涙は目の表面にキャラメルなどを包むオブラートのような薄い層を作り、瞼にあるマイボーム腺から分泌される油分と一緒に涙液層を形成します。

 

目の表面にできた涙液層は瞬きを行う事で崩壊し(乾き)始めていき、乾いた部分(ドライスポット)が現れるまでの時間(tear break up time:TBUT)が10秒以上維持できていれば正常とみなされます。

 

ですがパソコンを使用するオフィスワー力ーといった職種のTBUTは減少傾向にあり、ある大学病院が調査した一部上場企業の本社内における全体のTBUTは平均約4秒という結果が出ています。

 

デスクワーカーは目を酷使する事が多く、ドライアイになりやすい職種ですがスマホやパソコンを長時間使い続ける事も目の渇きが起きやすくなるのです。

 

そこで目を守る為に涙が常に目の表面をコーティングしている必要があるのですが、実際は3層になってそれぞれ目を守る為の役割を担っています。

 

外側から順に油層・涙液層・ムチン層で構成されており、この3層の1つでも異常が起こると涙が正常に機能しなくなり、ドライアイが起こりやすくなってしまいます。

 

1・油層…いちばん外側となり油で構成されている層となり、涙の表面を油で覆ってコーティングして涙の蒸発を防ぐ役割を持っています。

 

油はまつ毛の生え際にあるマイボーム腺と呼ばれる分泌腺から出ており、まばたきを行う度に上下のまぶたにくっついて開くと同時に薄い膜を作って涙の層を覆っています。

 

2…涙液層、主涙腺から分泌される水分の層であり、涙の本体です。

 

3・ムチン層…ムチンと呼ばれるネバネバしている糖タンパクでできた層であり、涙を目の上に定着させる役割を担っています。また目ヤニの正体はムチンだと考えられています。

 

成分の98%は水分であり、その中にナトリウムやカリウムが混ざっています。残り2%はタンパク質や抗菌作用を持った成分で構成されています。

 

1日当たりで分泌される涙の量は大人で0.5〜1mlで、子供は1.5mlであり、仮に1年間涙をためたとしても約350ml程度で缶ジュース1本程度の量でしかありません。

 

ですが涙がきちんと分泌される事によって目の表面をコーティングして外界から守るのです。

 

涙の役割を知る事で、普段気にしていなかった目に対するドライアイの予防意識を高めていきましょう。

 

涙が目を守る3つの役割

涙は目を守る為に3つの重要な役割を担っています。

 

1つ目は「ピントを合わせるレンズの役割」です。

 

涙は目の外から入ってくる光が一番最初に受け止める層となり、その後は水晶体でピントを調節して対象物との距離を調整します。

 

涙と水晶体のバランスが取れている状態だとピント機能が正常に作動しますが、ドライアイになって目が乾燥した状態だと涙の層が崩れてしまいピント調節が上手くいかなくなって目の見えにくさを感じるようになります。

 

2つ目は「細菌による感染の予防」です。

 

涙は目の表面をコーティングする役割も担っており、空気に乗ってやってくる細菌が目に触れて体内に侵入するのを防いでくれます。

 

細菌を防ぐ成分としてラクトフェリンといったタンパク質を含んでおり、細菌によって起こる感染から目を守るバリア機能があるのですが、ドライアイになるとバリア性能が低下して感染しやすくなってしまうのです。

 

3つ目は「酸素と栄養素を角膜へ供給する事」です。

 

目の表面にある黒目部分の角膜は透明性を維持するために血管が通っていません。目は血管から流れてくる酸素と栄養素を摂取しています。

 

ですが血管が無い状態だと酸素と栄養素が摂取できません。そこで涙を通じて酸素や栄養素を補給しているのです。

 

ドライアイで目の表面が乾いてしまうと酸素と栄養素の供給が不足してしまい、機能低下によって目が見えにくくなってしまいます。

 

これらの3つの役割を涙は担っており、ドライアイになるとそれぞれの機能が低下して目が見えにくくなったり、病気になってしまう事もあります。

 

涙は目を守る為に必要不可欠な物であり、常に目が潤っている状態でなければならないという事が理解できると思います。

 

現代人のまばたき回数はどれくらい?

インターネットやスマホが普及する前の時代に比べ、まばたきの回数は圧倒的に増えています。

 

現代では目を酷使するようになり、ドライアイを予防しようと潤いを保つためにまばたきの回数が自然と増えてしまうのですが、実際にどれ位の回数を行うのか?を調べてみました。

 

ドライアイが起きる原因にまばたきの回数も関係しています。現代人の1分間のまばたき回数の平均をご紹介します。

  • リラックス時約20回。3秒に1回まばたきをしており、1日にすると約2万回まばたきしている事になります。
  • 読書中約10回。何かに集中している時はまばたきの回数は減る傾向にあり、特に運転中・スポーツ競技中・緊張時には1分で1〜2回のケースもあります。
  • ドライアイの患者約40回。涙の量や目の乾きやすい状態に対して潤いを補おうとし、自然とまばたきの回数が通常時よりも多くなってしまいます。

これらの比較で分かるように、ドライアイになると、まばたきの回数が異常なほどに多くなる事が分かります。

 

もし日常で無意識にまばたきの回数が増えていると感じた場合、すぐに眼科へ行ってドライアイの検査を受ける事をおすすめします。

 

ドライアイの明確な定義の基準

ドライアイと診断される明確な定義は何?

 

ドライアイは文字通りの「乾き目」の事ですが、明確な定義を知らずに何となく「そうなのかな?」と思っている人は意外と多くいます。

 

ですが病気である以上は明確な定義が存在し、その基準を満たした状態になった場合に初めてドライアイだと診断されるのです。

 

医学界における最新の「ドライアイの定義」は2016年に改訂され、明確な基準が公開されています。

 

以下のURLで日本眼科学会の資料を閲覧できます。

日本のドライアイの定義と診断基準の改訂(2016年版)
http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/dryeye.pdf

この資料の内容で記載されているドライアイの定義は以下の一文となります。

 

「さまざまな要因により涙液層の安定性が低下する疾患であり、眼不快感や視機能異常を生じ、眼表面の障害を伴うことがある」

 

このように記載されており、簡単に言えば涙の量が減って目の表面が乾いて不快感や何らかの異常が出る状態である、という事です。

 

そして、ドライアイは慢性疾患の1つであり、一時的な目の渇きが起きて粘膜が弱る状態を何度も繰り返す事で慢性化していき、そこで起こる悪循環によって起こるのです。

 

また、世界中の様々な人種におけるドライアイの実態では人種によってドライアイが起きやすい・起きにくいといった差があります。

 

アジア人やヒスパニックといった人種においてはドライアイの症状が他の人種よりも約2倍も多いと言われていますが、人種によって起こる仕組みの原因はいまだに明らかになっていません。

 

ドライアイの定義をきちんと知る事で、自分の目に自覚症状が起きた際に判断しやすくなります。

 

日本人におけるドライアイの羅患者数は?

アジア系の人種でドライアイの症状が多いと先ほど述べました。

 

では日本人におけるドライアイの割合はどれくらいいるのか?と気になったので、これも調べてみました。

 

情報は2008年の厚生労働省の統計となりますが、この当時でパソコンを使用する労働者で1日のVDT作業が4時間の場合におけるドライアイの羅漢者は約22%となっています。

 

また6時間になる場合は約25%と上昇しており、VDT作業の時間が長くなる程ドライアイの羅漢者数は増える傾向になります。

 

※VDT作業はディスプレイやキーボード等により構成されるVDT (Visual Display Terminals) の事であり、パソコンを使用した作業の事を指します。

 

2008年はまだスマホが普及する前なのでこの数字ですが、スマホが爆発的に普及している現代では更に数字は高くなっていると容易に想像できます。

 

また長時間のVDT作業はドライアイだけではなく、肩こりや腰の痛みを誘発する原因ともなり、倦怠感や睡眠不足になりやすく、うつ病にも繋がりやすい事が分かっています。

 

これらのVDT作業によって起こる精神的疾患の事を「VDT症候群」と呼び、VDT作業者全体の7割が発症すると言われています。

 

さらに目の疲れを発症するVDT症候群は全体の9割にものぼります。これだけドライアイは現代病として誰にでも起こりうる可能性があるのです。

 

ドライアイの自覚症状チェック項目

もしかしてドライアイかも?と感じた際にチェックすべき項目をご紹介します。

 

以下の自覚症状に5個以上該当する場合はドライアイになっている可能性が考えられます。

目の疲れを感じる


何故か目に重さを感じる


目が乾いた感覚になる


よく涙が出てくる


見ようとしたものが霞んで見えてしまう


目にかゆみを感じる事が多い


目に不快感があって気持ち悪い


光を見ると眩しさを感じる


目に痛みを感じる


目の中で何かがゴロゴロしている感覚がある


目に赤みが出やすくなっている


目やにがよく出るようになった

いかがでしょうか?もし5個以上該当している場合は速やかに眼科へ行って検査を受ける事をおすすめします。

 

ドライアイかどうかがハッキリ分かりますので、その後の対応方法も変わってきます。

 

目が乾かない新種のBUT短縮型ドライアイ

目が乾かない新種のドライアイが起こり始めた

 

従来のドライアイは「目が乾く」という症状によって起きていました。

 

ですが近年では従来のドライアイには該当しないタイプの新型ドライアイが起こるようになってきたのです。

 

その新型は「BUT短縮型ドライアイ」と呼ばれており、目の表面には十分な量の涙があるにも関わらず目の渇きの自覚症状が出てしまう厄介な状態となります。

 

BUTは涙液層破壊時間(tear film break-up time:BUT)を短縮したタイプのドライアイであり、通常のドライアイと同様の目の不快感と機能低下を起こします。

 

定義としては「BUTが短くドライアイの自覚症状を有するが、涙液分泌や角結膜上皮はほぼ正常なもの」とされています。

 

さらに日本人のドライアイがBUT短縮型ドライアイの割合が占めるようになってきており、新種として認識され始めてきているのです。

 

BUT短縮型ドライアイが起こる原因

目が潤っている状態でも起こるBUT短縮型ドライアイの原因はムチン層の働きの低下です。

 

ムチン層の機能低下により、目の表面に涙があっても眼球に定着せずに弾いてしまい、浮いた状態となります。

 

一見、涙が目の表面を覆って良い状態だと間違えてしまいます。ですが実際は目の表面で肌荒れのような状態が起きているのです。

 

ムチン層の働きの低下を引き起こすキッカケは、エアコンによる空調設備が整った場所で過ごす時間が長くなる事です。

 

特にオフィス内で仕事をしている人に起きやすい傾向が有ります。夏でも冬でも快適な部屋で過ごしますが、目にとって必ずしも良いわけではありません。

 

体にとっては快適な温度になって過ごしやすいのですが、湿度が低下して目の表面にとっては乾燥しやすい環境となってしまうからです。

 

夏場の厚さや、冬場の寒さをしのぐためにエアコンを多用しますが、その際に乾燥によってムチン層の働きが低下する事も忘れないようにしてください。

 

ドライアイを予防するための方法

ドライアイを予防するための方法

 

ドライアイは正しい予防法を知っていれば回避する事ができます。

 

以下の方法を意識して行うようにして下さい。

  • 目薬で目の表面を潤わせる
  • 目の疲れを感じた時はすぐに休憩する
  • TVやパソコンの画面を見るときは水平な目線よりも下の位置にする
  • 部屋で過ごす際は湿度を高めて空気を乾燥させない
  • エアコン使用時は風が目に直接当たらないようにする
  • タバコの煙が目に触れるないようにする
  • 夜更かしは避けて体調を整える
  • 寝るときはうつ伏せにならない
  • ドライアイ防止専用の眼鏡を使う

これらの事を日常生活で注意する事でドライアイを予防する事ができるようになります。

 

ドライアイで行われる治療方法

実際に眼科でドライアイの治療を行う際は以下の方法があります。

 

1・専用の点眼液による治療

 

症状や状態を検査して確認し、軽度の場合に点眼治療が行われます。

 

人工涙液や潤いを保つために必要な成分が配合された目薬を処方されて1日数回目にさします。

 

2・手術による治療

 

ドライアイの症状が重いと判断された際に手術による治療が行われます。

 

主に手術で用いられる方法は涙点閉鎖と呼ばれる手法で、目頭にある涙点と呼ばれる涙が出る管を塞ぐ施術になります。

涙点を塞ぐ事によって涙を目の中から鼻へと流れていくのを止め、涙を目の表面に蓄える事ができるようになります。

 

手術とは言ってもメスで切開などは行わず、涙点にプラグを入れるだけなので5分ほどで完了する簡単な手術です。

 

この2つの治療方法は眼科で検査を行った結果で医師が判断します。

 

ドライアイの治療は早めに行う事で症状の進行を止める事ができるようになります。

 

ルテインによるドライアイ改善への効果

ドライアイ予防と改善にルテインは必須の成分

 

ルテインの摂取がドライアイの予防と改善に有効です。

 

目の病気を予防するために欠かせない成分であるルテインは、常に目の表面に存在しています。

 

外界から目の中に入ってくる有害な紫外線やブルーライトを表面でブロックし、目の健康を守ってくれる成分です。

 

目のピント機能として働く水晶体や毛様体筋はルテインによって柔軟性を保っており、不足すると固くなってピントが合わせにくくなります。

 

そこでルテインは体内から血管を通して酸素と一緒に目の中に運ばれ、内部から目を守る事ができるのです。

 

ドライアイは先ほど紹介した外部対策と、ルテインを摂取して行う内部対策の両方を行う事でより効果を高める事ができます。

 

涙と同様に目の表面に一定量が存在する事で正常な役割を果たすのですが、不足していると機能低下を起こして目にとってダメージを与えてしまいます。

 

ルテインが不足するとドライアイだけではなく、黄斑変性症や網膜剥離といった重大な目の病気に繋がる可能性が高まります。

 

ルテインは目の病気を引き起こす活性酸素の除去という役割も持っており、目を守る為に絶対に欠かせない成分なのです。

 

また、ルテインは自然に体内で発生する成分ではなく、外部から食事などによって取り入れなければ補給する事が出来ません。

 

1日のルテイン摂取の目安は6〜10mgとなります。この量はアメリカの研究結果によって効果の出た摂取量です。

 

そこでルテイン含有量の多い食材を取り入れていくのですが、食材を揃えていくだけで費用は高くついてしまいます。

 

ルテインが多く含む食材ばかりですと、食事内容の栄養バランスが偏ってしまい、他の成分の摂取量が少なくなってしまう可能性も出てきます。

 

そこで効率よくルテインを摂取できる方法としておすすめしたいのが「ルテインサプリ」の摂取です。

 

サプリメント状に加工されたルテインなら食事の補助として水で飲むだけで済みますし、値段も1か月分で約4000円程で済みます。

 

またルテインをサプリメントで摂取する事で、目にとって有効な成分をまとめて摂取する事ができるようになります。

 

ルテインだけではなく、ルテインを元に体内で変換されて共に抗酸化作用の高いゼアキサンチンや、血管の老化の防止も行うアスタキサンチンも含まれているのです。

 

さらに目の疲れを回復させるアントシアニンを多く含んだヒルベリーエキスも含まれているので、サプリを摂取する事によって目の保護効果は高まります。

 

これら全ての成分が含まれた食材を揃えるとなると、毎月数万円の費用がかかってしまいます。ですがルテインサプリなら1ヶ月で約4000円程なので費用の負担は大幅に減らす事ができます。

 

ドライアイの予防と改善だけでなく、健康な目を維持し続けるためにもルテインを摂取して行く事が欠かせません。

 

以下にて評判の良いルテインサプリメントをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

そして目の不快感や視力低下をもたらすドライアイから解放され、スッキリしてクリアな視界を守っていきましょう。