IT眼症は目と体に影響が出る症状

IT眼症は長時間のスマホやパソコンなどの使用によって体に影響が出る症状です。

 

現代では大人だけではなく、子供にまで症状が出るケースが増えている現代病のようなものです。

 

今回はIT眼症について正しく理解し、予防と対策を行うための方法をご紹介していきます。

 

自覚症状に当てはまる方はすぐに眼科へ行って検診を受ける事をおすすめします。

 

以下の項目より記事内容をご参考ください。

 

 

IT眼症になると起こる自覚症状

IT眼症とはどういった症状なのか?

 

IT眼症が起こると体に様々な自覚症状が起きるようになります。

 

以下に自覚症状のチェック項目をまとめました。

目に関するチェック項目

目に関するIT眼症の自覚症状は以下になります。

  • 物が二重に見える
  • ぼやけてみえる
  • 目の周りが痛い
  • 目が重い
  • 目がすぐに乾く

体に関するチェック項目

IT眼症で起こる体の自覚症状は以下の項目です。

  • 頭が重く感じる
  • 吐き気がする
  • 食欲がわかない
  • 肩・首・腰が凝っている
  • 眠りが浅く、睡眠で疲れが取れない

これらの自覚症状に該当する場合、早めに眼科で検査を行ってください。

 

初期症状なら回復もはやくなりますが、重症だと改善に時間がかかってしまいます。

IT眼症が起こる原因はVDT作業

IT眼症が発症する原因はこれ!

 

IT眼症になると、目だけではなく体にも影響が出てしまいます。

 

デスクワークを初めとした、長時間のVDT作業による目の疲れによって全身に症状が起こり始めます。

 

※VDTとは、スマホやタブレットおよびディスプレイやキーボードといった「Visual Display Terminals機器」の事を言います。

 

デスクワークを長時間行うと、体の姿勢が前傾姿勢になっていき顔を徐々にディスプレイやスマホの画面に近づけていきます。

 

これは目の疲れからピント調節が上手くいかなくなり、対象が見にくくなります。そのため見える範囲まで顔を近づけてしまうのです。

 

この時の体勢は猫背のようになっており、背中が曲がって首も前に突き出すような不自然な姿に見えてしまいます。

 

この状態が続くと背中・肩・首に負担がかかり続け、筋肉が緊張して張りや痛みを感じるようになっていきます。

 

眼はかすみ、瞼の上が重たくなるだけでなく痛みを感じたりもします。

 

さらにドライアイになって目の乾燥や充血も起こります。

ドライアイの詳細については以下のページで紹介しています。
ドライアイにルテインは効果ある?

症状によっては食欲不振が起きたり、吐き気も催すケースもあります。

 

そして手足の痺れもまれに起こるので、IT眼症は目だけではなく全身に影響が出てしまうのです。

 

IT眼症は目だけではなく、体全体に影響を与える症状だというのを知っておいてください。

 

子供にも増えているIT眼症

IT眼症は大人だけではなく、子どもにも増加しています。

 

子どもに増加している理由ですが、携帯ゲーム機の使用です。

 

現代では携帯ゲーム機がいくつもあり、友だち同士で通信して一緒に遊ぶことができるのでコミュニケーションツールの1つとして普及しています。

 

ですが、ゲームに夢中になって毎日何時間も繰り返している子どもも中に入るのです。

 

夜寝る時に布団の中でゲームをしたりすることもあり、目にとって過酷な状況が繰り返されています。

 

そして目の疲れが取れなくなり、IT眼症になってしまいます。

 

大人よりも子供がIT眼症になると将来の視力に影響しかねません。

 

そこで保護者がきちんとゲーム等の使用時間を制限して管理するのが良いでしょう。

 

IT眼症の治療方法

IT眼症の治療はどんな方法なの?

 

眼科で検査を行い、医師からIT眼症と診断された場合は改善のために治療を行います。

 

根本的な治療法としては手術や投薬ではなく、根本的な原因を絶つことから始めます。

 

そして目の負担を減らす専用の眼鏡を作って装着することも有効です。

 

一番良いのはスマホやVDT作業から離れることです。目に対する疲れの要素をすべて排除してしまうのが理想です。

 

しかし、現代の生活においてVDT機器から完全に離れることは難しいと言えるでしょう。

 

そこで目の機能を回復させるために訓練を自分で行うことができます。

 

訓練には2種類あり、輻輳訓練(ふくそうくんれん)と調節訓練があります。

 

輻輳訓練で調節機能を高める

輻輳訓練は輻輳というのは「寄り目」のことで、両目を中心に寄せる訓練を繰り返し調節機能を高めます。

 

目の前にペンなどの対象物を両目でとらえ、50cmの距離からスタートし、徐々に目の前に近づけていきます。

 

一番近い距離で約6〜8cmまで近づけてください。そして再び50cmまで戻していきます。

 

この訓練を1日で約20回、1回あたりの時間は5分ほどで行うようにしてください。

 

調節訓練で眼筋をほぐす

調節訓練は1日数回、5メートル以上離れた距離にある対象物を約3分ほど両目で見ているだけです。

 

これで眼筋の緊張を解きほぐすことができるようになります。あまり気負わずに、のんびり見る気持ちで行うようにしてください。

 

上記の2つの訓練は毎日行い、習慣化していってください。

 

数日では成果は見られませんが、数週間を過ぎる頃には徐々に目の疲れが取れやすくなっているはずです。

 

IT眼症の予防方法

IT眼症の予防で行うべき方法は?

 

IT眼症を予防することで目の疲れが取れやすい状態を維持できるようになります。

 

そして目や体の異常を事前に防ぎ、常に目の状態は健康であり続けられるのです。

 

IT眼症を予防するために行うべき事は以下の項目となります。

  • スマホやゲームの使用は1日1時間以内におさえる
  • TVやTVゲームを行う際は50cm以上離れて行う
  • 50cmの距離でも読める文字のサイズにする
  • スマホやPCを使用する際は1時間ごとに休憩をして目を休める
  • 遠くの景色を見たり、蒸しタオルを目にあてる
  • ルテインサプリの摂取

また、2002年に厚生労働省がVDT作業者におけるIT眼症の予防ガイドラインを発表しているので、こちらもご参考ください。

厚生労働省HP:IT眼症の予防ガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000188451.pdf

これらの対策は体の外部からの対策が主ですが、1つだけ体の内部で行える対策が有ります。

 

それがルテインサプリの摂取です。

 

ルテインは目の中に常在している成分であり、目の機能維持に欠かせません。

 

ルテインサプリを摂取すべき理由

IT眼症の予防にルテインサプリを摂取すべき理由があります。

 

ルテインはIT眼症の原因であるドライアイの改善に役立つ成分です。

 

なぜドライアイの改善にルテインが欠かせないのか?は以下でご紹介しています。

 

⇒ルテインによるドライアイ改善への効果

 

IT眼症は日ごろの予防を意識し、目の疲れをきちんと回復できる状態を維持してください。

 

そして目のストレスで体調異常を起こさず、楽しい毎日を過ごしていきましょう!