週末老眼は金曜日に目の疲れがピークになる

週末老眼は金曜日の夕方に一気に目がかすむ

 

近年になって週末老眼の症状が出る人が増加し続けています。

 

これは特にオフィスで行うデスクワークを行う人に多く見られる傾向であり、男女関係なく20代や30代で老眼の症状が出てしまいます。

 

ですが週末老眼は一定の条件によって発症するものですが、慢性化すると視力低下に繋がってしまう可能性が高い症状です。

 

今回は週末老眼の症状、そして対策と予防について解説していきますので、ご参考ください。

 

 

週末老眼はデスクワークで起こりやすい

週末老眼はデスクワークで起こりやすい

 

週末老眼は名前の通り、週末になると目のピント機能が低下して物が見えにくくなる状態です。

 

特にデスクワークを行っているサラリーマンに出やすい症状であり、20代から起きる特徴があります。

 

ピント機能が低下するのは疲労が蓄積される夕方以降である事から「夕方老眼」とも呼ばれています。

 

仕事が土日休みで目を休めた状態だとして、週明けの月曜日だとハッキリ見える物が、金曜日の夕方になるとピントが合いづらくボヤけて見えるのです。

 

これは目の疲れが約1週間の仕事によって蓄積される事で徐々にピント機能が低下してしまいます。

 

ですが殆どのケースで土日の休日を挟む事でピント機能は回復します。

 

毎日の疲労の蓄積と回復、このサイクルの繰り返しで徐々に疲労が取れにくくなって頭痛・肩こり・めまいといった体調不良が出てくるのです。

 

朝はピント機能がしっかり働きますが、仕事で目を酷使していく事で疲労が蓄積されて夕方にはピント機能の低下が顕著になります。

 

睡眠をとる事で目の疲労回復しますが、平日では完全に回復する事はありません。

 

翌朝の回復具合は月曜日と金曜日で比較して同じ具合にまでは戻っていないのが現状です。

 

週末老眼が50以下になってから起きると仮定し、月曜日の朝が目の疲労も無く一番良い状態が100だったとして、火曜の朝には90で徐々に上限が下がって金曜の朝には70といったイメージをすると分かりやすいでしょう。

 

特に金曜日の朝は月曜日から目を酷使した疲れが残っている状態で、デスクワークを始めてしばらくすると目が疲れを感じやすくなっています。

 

そこでピント機能が合わせづらくなり、ボヤけて物が見えてしまいます。

 

週末老眼はこういった仕組みで起こり、毎日の目の疲労が積み重なってピント機能が低下します。

 

多くの場合、土日の休みでピント機能は回復していくので月曜の朝には良い状態に戻っているのも特徴です。

 

週末老眼は水晶体と毛様体筋の機能低下が起きている

週末老眼は水晶体と毛様体筋が硬くなって起こる

 

週末老眼で起こるピントの低下機能は水晶体と毛様体筋の2つの原因で起こります。

 

1つ目の原因である水晶体は目の正面にある大きなレンズで、厚みを変化させる事で近くや遠くの物を見る際のピント調整を行います。

 

そして水晶体は通常は柔軟性がある事で厚みの変化を行う事ができるのです。

 

目の疲労が蓄積する事によって水晶体の柔軟性が低下し、硬くなる事で厚みの調整をしにくくなってピント機能が低下するのです。

 

さらにピント機能低下の2つ目の原因が毛様体筋です。

 

毛様体筋は水晶体の厚みを調整するために機能している筋線維です。

 

遠くを見る際は緩めて水晶体の厚みを薄くして、近くを見る際は収縮させて水晶体を厚みを厚くする事でピント調整が行えるのです。

 

毛様体筋をカメラの部分でで例えると、ピントの調節の為に必要なダイアルのような物です。

 

ダイアルが機能しない状態だとピントも調整できずに対象物がボヤけて見えてしまいます。

 

目の疲労が蓄積する事で水晶体と毛様体筋が硬くなり、ピント機能が低下して物が見えにくくなります。

 

週末老眼は午前中は水晶体と毛様体筋が働くけれど、夕方になると固くなってピント機能が低下する状態なのです。

 

予防及び改善の為には水晶体と毛様体筋の柔軟性を保つことがポイントになります。

 

今すぐできる週末老眼の改善方法

週末老眼を今すぐ良くする対策法はこれ

 

週末老眼は水晶体と毛様体筋が硬くなる事で起こるので、柔軟性を保つことが対策となります。

 

特にデスクワークは時間が経過する事で目が疲れを感じ、その時に水晶体と毛様体筋が硬くなり始めています。

 

ピント調節が上手くいかない事で視界がボヤけて目の疲れを自覚します。

 

まず目の疲れを感じた際は、すぐに休憩を取って目が疲れる環境からいったん離れてください。

 

デスクワークだと近距離で目の焦点が固定されるので疲労が溜まりつづけます。

 

休憩する事で目の焦点を近場から解放させて遠くを見る事でピント機能を正常化させる効果が有ります。

 

特に週末老眼が起きやすいのはパソコン・スマホ・タブレットの長時間の使用であり、近距離で目を酷使しブルーライトも浴びるので目が疲れやすくなってしまいます。

 

また、目の疲労れは目の周りの血流が低下している事も関係しており、血流を良くするために温める事が速効性があります。

 

血流改善と同時に水晶体と毛様体筋も温めて柔軟性を取り戻す事ができます。

 

蒸しタオルと呼ばれる、タオルを濡らして絞ってから電子レンジで約1分ほど温めたタオルを折り曲げて目の上に乗せる方法です。

 

約5分ほど目の上に乗せていると目の周りの血行が良くなり、水晶体と毛様体筋も柔軟性を取り戻してピントがしっかり合いやすくなります。

 

これらの対策は目の疲れを感じた時にすぐ行える対策なので、目を守る為にも疲労を感じたら試してみてください。

 

週末老眼の予防はルテインサプリの摂取が良い

週末老眼の予防に欠かせないルテイン

 

週末老眼を予防するためには水晶体と毛様体筋の柔軟性を保つ必要があります。

 

先ほど紹介した今すぐやれる対策法とは別に、日常生活の中で行える簡単な予防法があります。

 

それはルテインサプリの摂取です。サプリなので水で飲むだけでいいんです。

 

ルテインは目の健康維持に欠かせない成分であり、水晶体の柔軟性を保つために必須なのです。

 

さらに外部から目に入るブルーライトを吸収して目の健康を守る役目も持っています。

 

ルテインは常に目の表面や内部に存在しており目の機能維持を行いますが、ルテインが減少した状態だとブルーライトの吸収や水晶体の柔軟性の維持が難しくなります。

 

そこでルテインは毎日補給する必要があるのです。1日に必要とされる量は約6〜10mgとされています。

 

この量を食事でとるとなれば食材費用が高騰しますが、ルテインサプリなら費用も月4000円程で確実に1日の必要量も摂取できるのです。

 

さらにルテインサプリはルテインだけではなく、目にとって有効な成分であるアントシアニンやゼアキサンチンも同時に摂取する事ができます。

 

週末老眼の予防だけではなく、目の病気予防にも役立つルテインサプリを摂取し、ピント機能の維持や目の健康にお役立てください。

 

以下におすすめのルテインサプリをご紹介させていただきますので、ご参考ください。

 

 
めなりの特徴

ルテインサプリメント


めなりは特許取得ビルベリー170r、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4rとすべて業界トップクラスの配合量

長時間のパソコン作業がつらい、目の奥がずーんとする、夜の運転が不安、といった目の不調を訴えていた方が、めなりを飲んで視界がくっきりしたと絶賛しています。

自然由来の成分と、最高レベルの品質・安全管理されているめなりは安心して飲むことができます。

価格 通常3,980円
評価 評価5
備考 初回特別77%OFFの907円
 
 
一望百景の特徴


売上300万袋突破!一日当たりたったの約54円!コスパ最高の琉球素材アイケアサプリ!

マリーゴールド由来天然フリー体ルテイン 20r配合
【琉球3素材贅沢配合】
  • 紅イモ・・・北欧産ブルーベリーとはひと味違う、琉球生まれの豊富なアントシアニン
  • カンダバー・・・沖縄の強力な紫外線を浴びて育ったルテイン豊富なイモの葉っぱ
  • 沖縄もずく・・・ねばねばの正体フコイダンは食物繊維が豊富

価格 通常1,800円
評価 評価4.5
備考 1ヶ月に1袋お届けの定期コースは初回から10%OFFの1,620円(税抜)+送料
 
 
アサイベリープラチナアイの特徴



4種の果実⇒アサイベリー、ビルベリー、カシス、赤ブドウ)と【ルテイン】【アスタキサンチン】で史上最高の抗酸化力を実現!
<<4種の果実の特徴>>

  • 「アサイベリー」はブラジル農務省規格最高ランクの高濃度アサイベリーのみ使用。ポリフェノールはブルーベリーの18倍!
  • アントシアニン量がブルーベリーよりも豊富なビルベリー
  • アントシアニン、ビタミンC、ビタミンA、βカロテン、ビタミンEが豊富なカシス
  • ポリフェノールをミネラル類、ビタミン類が豊富な赤ブドウ

価格 通常4,600円
評価 評価4
備考 定期購入で初回からずっと半額の2,300円(送料無料)